スポンサーリンク
プロレス

福島放送(KFB)岩渕葵アナウンサーと「バンクーバー・キャット」の想定外の試合内容!!「ぶっちゃんねる」の神回か!!

テレビ局アナウンサーでピアノマスターの岩渕葵がピアノを通していろいろなことに挑戦している動画を公開しています。今回はなんとプロレスマスクと地元生産野菜との対戦を見せてくれています。「マスクDEクッキング」です!!
プロレス

プロレスの「スリーパー・ホールド」と「チョーク・スリーパー・ホールド」の違いってなに?絞めるところが違うんです!

「スリーパー・ホールド」は、日本語では裸絞め(はだかじめ)と呼ばれ、総合格闘技やプロレス、柔道などで使われている技です。簡単に違いを言うと、「スリーパー・ホールド」と「チョーク・スリーパー・ホールド」このふたつの技の違いは、「絞める部位が違う」と言うことなんです。今回は、「スリーパー・ホールド」と「チョーク・スリーパー・ホールド」を深堀りしてみましょう!
プロレス

プロレスの「ヘッドバット」の使い手といろいろなヘッドバットを紹介します!

プロレスでの頭突きはちょっと特別で、相手の顔面以外の体のどこへでも打ち込みます。ヘッドバットをするほうもされるほうもダメージがありますが、それでもやるのがプロレスなんです。観客はそれを見て「うわぁぁぁぁぁぁぁ痛そう」などと叫ぶのです。ヘッドバットは地味な技と思われますが奥が深いんです。今回は「ヘッドバット」についてです!!
スポンサーリンク
筋トレ

筋トレのあとのサウナには「超回復」と「ヒートショックプロテイン」が関係しています。そしてサウナの「整う」とは?

近年は、サウナに入るタイミングや時間によっては、筋トレ後の効果がアップすると言われています。気になるのが、サウナに入るタイミングです。ベストなのは、筋トレ後の12~24時間後です。理由は、筋肉の「超回復」「ヒートショックプロテイン」が関係しています。超回復が始まる筋トレ後48~72時間後の前に疲労を回復しておくと超回復に効果があるからです。
プロレス

プロレスの「パイルドライバー」の名前の由来と派生技、使い手を考える。

パイルドライバーは、ひと昔前は、フィニッシュ技として使われてきました。現在ではフィニッシュ技だけではなく、フィニッシュ技への布石として使われる時も多いです。どちらにしても、相手が大ダメージを受けることは間違いない技です。多くの派生技があるのも特徴です。今回はこの『パイルドライバー』を紹介します。
プロレス

「みちのくドライバーⅡ」と「ファルコンアロー」ってどう違うの?名前の由来と使い手を紹介します!!

「みちのくドライバーⅡ」と「ファルコンアロー」プロレス観戦初心者の人には似た技に見えますよね。なぜ似たように見えるか。。。。理由は、このふたつの技は、フィニッシュの体勢が似てるということからなんです。でも、このふたつの技には大きく違う点があるんです。それは、『技に入る体勢』だったんです。今回は、「みちのくドライバーⅡ」と「ファルコンアロー」の違いについて紹介します
プロレス

アルゼンチン・バックブリーカーとカナディアン・バックブリーカーの違いと名前の由来、使い手といろんなバックブリーカー紹介!

ブリーカーは、「破壊」と言う意味になります。自分の体の一部を支点として相手を反らせる続ける「ストレッチ系」と、相手の背中や腰に自分の体の一部を打ち付ける「打撃系」ががあります。大きな特徴として、「ストレッチ系」は自分の体のあらゆる部位を支点にしますが、「打撃系」は膝を当てることが多いです。「ストレッチ系」も「打撃系」も自分の体の一部を支点にして相手にダメージを与えます。今回は、継続型バックブリーカーの「アルゼンチン・バックブリーカー」と「カナディアン・バックブリーカー」そして、打撃系バックブリーカーの「シュミット式バックブリーカー」、「風車式バックブリーカー」を紹介します。
未分類

「ワールドタッグリーグ2021(WTL2021)」出場選手と出場チームの紹介と予想!

先日、「ワールドタッグリーグ2021(WTL2021)」の出場チームが発表されました。1リーグ総当たり戦で、1位と2位が決勝戦を行います。今大会の出場チームとチームの見どころを紹介します。今大会の出場チーム、歴代優勝チーム、タッグリーグ戦の歴史をおさらいしましょう!!
未分類

BEST OF THE SUPER Jr.28(2021年)の出場選手が発表されました。歴代優勝者も紹介します。

先日、「ベスト・オブ・ザ・スーパージュニア28(BOSJ28)」の出場選手が発表されました。今大会は1リーグ制の総当たり戦となりました。今大会「ベスト・オブ・ザ・スーパージュニア28(BOSJ28)」の出場選手と歴代優勝者を紹介します。
未分類

体が硬くなるのは年齢のせいではありません。硬くなる理由と体を柔らかくする方法「ストレッチ」と「ヨガ」を紹介します。

体が硬くなるって、普段の生活での運動不足によって体が硬くなっていってしまうんです。筋肉は使っていないとどんどん硬直して、結果的に体が硬くなってしまうんです。体の柔軟性を高めるには、筋肉や関節を可動域一杯に使うことです、そのためには、ストレッチやヨガを毎日コツコツと風呂上りなどに継続してやっていきましょう。体が柔らかくなるだけではなく、健康にも良い影響が出てきます。
スポンサーリンク