スポンサーリンク

【田口清隆監督主催の全国自主怪獣映画選手権】は誰でも参加できる素晴らしい映画祭です!

スポンサーリンク
映画

こんにちは!kamikamiです!

「怪獣」

というワードで私が思い出すのは、ゴジラ、レッドキング、ゼットン、モスラ、キングギドラ、ガメラなどなど。時代が古いかもですね(笑)

最近上映された

「シン・ウルトラマン」

今回の映画では、新しい解釈で怪獣やウルトラマンが描かれていたように思いました。

私はとても新鮮で面白かったです。

劇中でさまざまな怪獣が出演し、最近、改めて「怪獣」にスポットライトが当たっています。

やっぱり怪獣って、大きくて、怖いんだけど、ちょっと可愛い。

これが怪獣の魅力ですよね。

今回は、「怪獣」についてですが、一般的にテレビや映画でよく見る怪獣ではなく

「自主制作怪獣」

について見ていきます!

よく見ている怪獣は、テレビ番組や映画から生まれたものです。

これらの怪獣だけではなく、世の中には自分でオリジナルの怪獣をデザインし、着ぐるみを作って映画まで作るという人がいます。けっこうな人数います。自主制作映画ですね。

怪獣好き特撮好きが、自分のイメージした怪獣の着ぐるみや人形を製作し、怪獣が壊すビルなどを自分で作り、怪獣がビルを壊すところを自分で撮影する。特撮だけではなくストーリーも興味深いです。ぶっ飛んでるストーリーが多いですね。大人の都合での縛りとかないですから自由なストーリーで作れます。怪獣の体長やデザインなど千差万別でとても面白いです。これが自主映画の自主制作怪獣の醍醐味なんです。

今回、福島県の須賀川市で

『全国自主怪獣映画選手権 傑作選』

が開催されました。

なぜ今回須賀川市で開催されたのか?

これには大きな理由があるんです。

あの『特撮の神様 円谷英二監督』の生まれ故郷だからです。

須賀川市は、市を挙げてウルトラマンやゴジラなど「特撮文化」に力を入れています。

市がここまでするのは全国で例がないんです。とても画期的なことなんです。

そんな須賀川市で開催しないわけにはいかない!

ということで今回開催されたわけなんです。

円谷英二監督や特撮について学べる素晴らしい施設が須賀川市にはあります↓↓

須賀川市にある【円谷英二ミュージアム】に行ってきました!「ゴジラ」と「ウルトラマン」の歴史が楽しめます!

円谷英二監督ゆかりの地「特撮アーカイブセンター」で日本特撮の歴史を知る。ここは庵野秀明監督と連携して整備された須賀川市の施設です。

スポンサーリンク

「全国自主怪獣映画選手権」とは?

突然ですが、

『全国自主怪獣映画選手権』

って知ってますか?

こんな映画祭なんです。

今、日本全国で自主制作による怪獣映画が続々と作られています。子どもから大学生、そして怪獣世代のおじさんまで・・・・・・アマチュア監督たちの新作が、毎年たくさん作られているのです!「全国自主怪獣映画選手権」は、そんな「自主怪獣映画」を一堂に集めたコンテスト。『ウルトラマンZ』メイン監督の田口清隆が、若手の特撮クリエーターを育てるべく主催しており、2014年から全国で17回開催されてきました。過去の参加監督は、現在「ウルトラマン」や「スーパー戦隊」シリーズなどの制作現場で活躍中!映画館では味わえない、自主怪獣映画の世界をみんなで体験しよう!!引用:田口清隆プロデュース 全国自主映画選手権HP
次世代のクリエーターの作品を紹介する素晴らしい映画祭だと思います!

『全国自主怪獣映画選手権 傑作選』

今回、須賀川で開催された『全国自主怪獣映画選手権 傑作選』を見に行きました。
午前の部、午後の部と2部構成で、午前は田口監督の今までの仕事の紹介や、どうして特撮に関わる仕事をすることになったのか?などのトークショーで、午後の部は、今まで開催された選手権のなかで人気のあった作品、思い出深い作品の上映がありました。とても楽しい1日でした。それは主催者である田口清隆監督の「特撮愛」それも「自主制作の特撮愛」が深いから特撮をもっと多くの人に知ってもらいたい!という熱がありました。なので、トークもマニアック過ぎず、特撮の業界をあまり知らない人にも楽しめる内容であったことに感心しました。
この映画祭を主催する田口清隆監督。
「特撮愛」が素晴らしい監督だと思います。

田口清隆監督とはどんな監督?

この「全国自主怪獣映画選手権」の主催者である

「田口清隆監督」

ってどんな監督なんでしょうか?

まずはプロフィールを調べました。

田口清隆/たぐち・きよたか 1980年生まれ、北海道出身。中学時代より自主怪獣映画を多数制作。『大怪獣映画G』が樋口真嗣監督に認められ、2009年、NHKの番組内企画『長髪大怪獣ゲハラ』で商業監督デビューを果たす。合成スタッフとして活躍した経験を活かし、監督作ではミニチュア特撮と最新の視覚効果を融合させた斬新な画づくりを見せる。『ウルトラマンX』『ウルトラマンオーブ』『ウルトラマンZ』では、メイン監督として活躍。須賀川市の中高生のための特撮ワークショップ「すかがわ特撮塾」のメイン講師も務める。引用:田口清隆プロデュース 全国自主映画選手権HP

監督代表作の中に私の好きな作品『THE NEXT GENERATION-パトレイバー』が入っていたことに感動しました。

全国のクリエーターに参加してもらいたい「映画祭」

全国で自主映画を作っている人ってたくさんいます。ただ、自分で作ってはみたものの出品できる場所がないなどの理由でくすぶっている人たくさんいるはずです!

この映画祭は定期的に行われていています。

これを機に出品してみてはいかがでしょうか!

最後になりますが、私はある自主制作映画に参加してました。

「大怪獣イナワシロン」という作品です。

興味がある方はこちらからどうぞ!

【猪苗代町非公認大怪獣イナワシロン特撮映像化大作戦】プロジェクト!「母心」関あつしがプロデューサー!