スポンサーリンク

「コラコラ問答」の全文紹介!「プリキュア」と意外な関係が!「踊る!猪木御殿!」も紹介します。

スポンサーリンク
プロレス

まさか!

何の関係もなさそうなアニメのプリキュアに、あの橋本真也と長州力の有名な事件、

「コラコラ問答」

が出てくるという噂を掴みました。

あのプリキュアに!

信じられない!

ホントに出てるようです。は「コラコラ問答」はオールドのプロレスファンにはマストの事件です。

スポンサーリンク

プリキュアに「コラコラ問答」が登場

なんとビックリ!

「ドキドキ!プリキュア」

の1話と12話で、

「ナニコラ!タココラ!」

と言って喧嘩してるんです。
これはプロレスファンならご存知の長州力と橋本真也の「コラコラ問答」が元ネタになっているようです。

ホントでした。

「コラコラ問答」なのか?「タココラ問答」なのか?

長州が「タココラ」とちょっとだけ言っているので「タココラ問答」と言われることがありますが、「コラコラ問答」と一般的に呼ばれています。

「コラコラ問答」が生まれた経緯

「コラコラ問答」は、2003年11月18日に生まれました。
新日本プロレスを退団し、ZERO-ONEを立ち上げた橋本真也が、同じく新日本プロレスを退団し、WJプロレスを立ち上げた長州力を東スポの記事で批判をしました!
橋本が「WJはもう終わり」と長州を挑発、もちろん長州が激怒して橋本が会見をやっているところに殴り込みにきた時のやり取りなのです。

何回「コラ」言ってる?

長州14回
橋本6回
合計20回となります。

※回数は前後してるかもしれませんので数えてみてください。

プロレス初心者アナウンサーがコラコラ問答を見るとどんな感想になるのか?

私が応援しているアナウンサー 、福島放送の岩渕葵さんがプロレス初心者の目線から YouTube 動画をあげています。岩渕さんはプロレスラーの入場曲をピアノ演奏をしています。
このチャンネルの中で岩渕さんが「コラコラ問答」を見るという企画があり、(たぶん周りのプロレスファンの誰かに薦められたんでしょう。)初心者が予備知識がないなかで見た「コラコラ問答」の感想を話しているのがとても興味深いんです。

出典:YouTube.com

「コラコラ問答」のあとどうなった

この「コラコラ問答」のあとに長州力と橋本真也は戦いました。

2004年2月29日

○橋本真也 11分8秒  長州力●

この二人が戦うのは、2001年1月4日の東京ドームのシングルマッチ以来でした。
ここでは、プロレスの歴史に残る出来事である藤波辰爾が試合えお止めた「ドラゴンストップ」が起きた試合だったのです。

※ドラゴンストップについてはまた次回語ります。

ということで、以前この出来事があったこともあり長州と橋本の試合が期待されていたなかの結果でした。

現在でも語り継がれる「コラコラ問答」

現在でもこの「タココラ問答」は話題にのぼり、プロレスファンのあいだでは永遠と語り続けられる事件となっています。

このことからも、プロレスの試合の外で起こる事件もまとめてプロレスなんだと思います。
私が「コラコラ問答」をリアルタイムで見た時は、いたって真面目なやり取りだと思っていたので、これは大変なことになるとビックリしたものでした。でも今見ると面白いという感想は合っているのかなと。

猪木の衝撃MC「踊る!猪木御殿!」

猪木がMCでプロレスラーへのトーク回しをした時があり、いつしかそれが『踊る!猪木御殿!』と呼ばれるようになります。当時は、猪木が真面目なのかどうなのかがわからないので苦笑して見てましたが、今見ると、とても面白く内容が深いツッコミどころ満載の事件でした。そもそもどのような理由で生まれた出来事だったのでしょうか。

背景と理由を深掘りします。

「踊る!猪木御殿!」とは

新日本プロレス2002年2月1日北海道立総合体育センターでおこった出来事です。やはり北海道では何かが起こりますね。

この時代の新日本プロレスは武藤敬司や社員の退社が相次いでいて、団体として人気が下降線に入りそうな危険な状況でした。このとき新日本プロレスのリーダー的存在だった蝶野正洋は会場に来ていた猪木をリングに上げ、猪木に向かって新日本プロレスをもう一度浮上させる宣言します。そして、永田裕志、中西学、天山広吉、鈴木健想、棚橋弘至がリングに上がってくる展開になりました。猪木はリング上の彼らに問いかけ、自分たちが心の中でくすぶっている思いをひとりひとり言葉で吐き出させます。でも投げかけたほうの猪木が選手たちのコメントに冷たい返しや、投げっぱなしの態度をとり、最後には「俺に言うな。」とぶん投げました。

なぜ「踊る!猪木御殿!」と呼ばれるようになったのか?

プロレスマニアのくりぃむしちゅーの有田が、この時のアントニオ猪木の行動や発言を「踊るさんま御殿」での明石家さんまの司会ぶりと比較し、皮肉として「踊る猪木御殿」と表現したのが始まりだそうです。

「踊る!猪木御殿!」でのやりとり

猪木「お前も怒っているか?」

中西「怒ってますよ!」

猪木「誰にだ」

中西「全日に行った武藤です!」

猪木「そうか。お前はそれでいいや。お前は?」

永田「全てに対して怒ってます」

猪木「全てってどれだい?言ってみろ、俺か?幹部か?長州か?」

永田「上にいる全てです」

猪木「そうか、奴らに気付かせてやれ。お前は?」

健想「僕は自分の明るい未来が見えません!」

猪木「見つけろ手前ェで。お前は?」

棚橋「俺は新日本のリングでプロレスをやります!」

猪木「まあ、それぞれの思いがあるからさておいて」

みんなの怒りのコメントを自分から振っておいてことごとくブッタ切る猪木は最強っす。

最後に「さておいて」と今までのやりとりを全部無しにしてしまう恐ろしさには震えが止まりません。

まとめ

「コラコラ問答」「踊る!猪木御殿!」そのほかにも「またぐなよ事件」などなど試合以外でのやりとりが有名なことがあります。これもプロレスなんですよねぇ。

今は試合後のバックステージコメントに注目が集まります。

これも選手の自己アピールの場なんですね。試合以外でも楽しめるプロレス。

プロレス最高!!

次回は、「またぐなよ事件」、「ドラゴンストップ」、「蝶野革命」を特集したいと思います。

1994年のジュニアヘビー級レスラーを忘れない!!ライガー、サスケ、サムライ、ハヤブサなど!