スポンサーリンク

「フランケンシュタイナー」と「ウラカン・ラナ」の違いと歴史と使い手

スポンサーリンク
プロレス

プロレス観戦していると必ず疑問になるのが、

フランケンシュタイナーとウラカン・ラナってどう違うの?どちらも同じ技に見えるよ。

これ、よく聞かれます。

確かに私も昔は疑問に思っていました。でも、よく見ると全然違うんです。

大きく分けると、フランケンシュタイナーは「相手にダメージを与える技」、ウラカン・ラナは「フォールを狙う技」なんです。

このふたつの技の見分け方と歴史を深堀したいと思います。

スポンサーリンク

フランケンシュタイナーとは

向かい合った相手に対してドロップキックのように飛び上がり、自分の両足(太もも付近や足首付近)で相手の頭を挟みそのままバク転のように後方へ回転して相手の頭をマットに叩きつける技です。マットに突き刺すようなイメージです。

 


 出典:YouTube.com

 


フランケンシュタイナーの名前の由来と歴史

フランケンシュタイナーは、プロレス界では有名な兄弟タッグのスタイナーブラザーズの弟スコットスタイナーが開発した技です。新日本ではフランケンシュタイナーを「飛びつき後方回転杭打ち」と訳していました。

フランケンシュタイナーが日本で初めて披露されたのは、1991年の新日本プロレスの東京ドーム大会です。IWGPタッグ選手権試合『馳浩・佐々木健介 VS スタイナーブラザーズ(リック・スタイナー/スコット・スタイナー)』戦でした。

プロレスファンに衝撃を与えた技のひとつです。

名前の由来

名前の由来は諸説あります。

技の開発者である、スコット・スタイナーが、「フランケンシュタインに顔が似ている」ということで、フランケンシュタインと自分の名前のスタイナーを合わせた造語と言う説。
フランケンシュタインとスタナーを合わせた造語という説。
スコットが前からレスラー仲間にフランケンシュタイナーと言うニックネームで呼ばれていたことからという説もあります。

これは本当のところを本人に聞いてみたいところです。

ちなみにですが、自分はダグ・ファーナスのフランケンシュタイナーが好きでした。

フランケンシュタイナーの使い手

やはり、1番に思い浮かぶのが「武藤敬司」ではないでしょうか。

武藤は、頭ではなく背中から叩きつけてフォールを狙う形を使い始めました。

雪崩式でも使われます。雪崩式フランケンシュタイナーは相手を放り投げてダメージを与えます。

スターダムの上谷沙弥はスワンダイブからのフランケンシュタイナーを披露しました。

ウラカン・ラナとは

特徴は相手の頭を両足で挟んでから後方に回転して相手の股の間に頭をくぐらせるところです。相手は背中からマットに落ちます。

「高角度後方回転エビ固め」

と呼ばれます。

パワーボムの切り返し技として使われることも多いです。

ウラカン・ラナの名前の由来と歴史

私たちが言うウラカン・ラナは正式名称は

「ウラカン・ラナ・インべルディダ」

になります。

日本で一般的に言われているウラカン・ラナはウラカン・ラナ・インベルディダです。本当はウラカン・ラナと区別する必要があります。

ウラカン・ラナは、1950年代に活躍したメキシコのルチャドール「暴風仮面ウラカン・ラミレス」が開発した高角度回転エビ固めのことです。肩車の体勢から前方に回転して丸め込むエビ固めです。

派生技としてウラカン・ラナ・インベルディダが発明されて、インベルディダが略されてウラカン・ラナとして広まったそうです。

「ウラカン」は英語で「ハリケーン」なので「ハリケーンラナ」と呼ばれることもあります。「ラナ」はスペイン語で「カエル」の意味です。フォールの形がカエルに似ているからかも知れません。インベルディダは「逆の」という意味になります。

ウラカン・ラナを進化させ続けているのは、ドラゴンキッドです。

出典:YouTube.com

ドラゴンラナは、見た目も派手です。

似た技のヘッドシザースホイップ、コバルタ、ティヘラ

ヘッドシザースホイップやコバルタ、ティヘラは名前は違いますが形は同じです。相手の頭部を自分の両足で挟んで、自分の体の遠心力で相手を放り投げる技です。ねじったりすることもありバリエーションが多くあります。コバルタはスペイン語で「ネクタイ」という意味なりルチャ・リブレが起源です。これをティヘラと呼ばれるときがあります。

フランケンシュタイナーとウラカン・ラナの違い まとめ

フランケンシュタイナーは、走ってくる相手に向かって仕掛けることが多いです。ウラカン・ラナはその場で仕掛けることが多いです。
技を仕掛ける側は、フランケンシュタイナーは捻り方によって手や肩などから着地します。ウラカン・ラナは背中から着地する。
フランケンシュタイナーは頭をマットに叩きつけるのでダメージ重視で、ウラカン・ラナはフォール重視の技です。
ウラカン・ラナはフィニッシュで相手の両足を抱え込むのに対しフランケンシュタイナーでフォールを狙う場合は相手の頭や肩を押さえつける形が多いです。

以上のことから、どちらの技も相手の頭を両足で挟んで後方回転で、フランケンシュタイナーはフォールも狙えますが相手の脳天や背中をマットに叩きつける技です。ウラカン・ラナはフォールを狙う丸め込が目的の技となります。

違いがわかるとプロレス観戦がより楽しくなりますよ!!

参考サイト:ウィッキペディア プロレス辞典 格ゲー・COM

※技の由来や開発の流れは諸説あります。今回は私の個人的解釈で紹介しています。

プロレスで使われるキックを考える!ケンカキックからローリングソバットまでキックまとめ!