スポンサーリンク

プロレスで使われるキックを考える!「ケンカキック」から「ローリングソバット」までキックまとめ!

スポンサーリンク
プロレス

こんにちは!KamiKamiです!

今回は「キック」です。

「キック」それはプロレスに欠かせない技のひとつです。
キックの種類は無限にありますが、試合で使う場面によっても無限の魅力を発揮するのがキックです。
「試合の流れを自分に持ってくるキック」
「相手の体の一点を集中して痛めつけるために使うキック」
「試合を終わらせるためにフィニッシュに使うキック」
この地味にも派手にもなる技
「キック」
について、個人的主観でまとめました。

スポンサーリンク

ケンカキック

ケンカキック
蝶野正洋の代名詞的キックです。初めは「○○ザキック」と実況されていましたが、いつのまにかケンカキックとなっていました。
コンプライアンスの問題だと思います。このキックはフィニッシュにもなるキックです。
 出典:www.youtube.com

ローリングソバット

ローリングソバット
タイガーマスクが使用して有名になりました。そのあと、佐野巧真、武藤敬司が使い手でした。UWFでも多用された技ですね。
これが決まると一瞬で試合の流れが変わる威力もあって派手でもあるキックです。
 出典:www.youtube.com

ハイキック、ローキック、ミドルキック

ハイキック、ミドルキック、ローキック
これはUWFのスタイルから人気となったキックです。単発キックもありますがt、コンビネーションキックが魅力です。
ローキックからのミドルキック、そして最後にハイキックと相手に休む暇を与えないインパクトのあるキックです。
飯伏などはソバットもコンビネーションに入れています。
単発でもハイキックが決まると試合も決まってしまうほどの説得力です。

トーキック

これは長州力が多用していたキックです。前蹴りのような感じで相手に当てます。何発も打ち込むのが特徴です。トーキックで相手を倒して、倒れたところにストンピングという一連のムーブでした。

バズソーキック

片膝をついた相手の腰より上を狙って振り抜くミドルキックです。TAJIRIが得意としています。WWE時代にはジャパニーズ・バズソー(日本製丸鋸)と呼ばれていました。


 出典:www.youtube.com

スピンキック

スピンキック
これはもう三沢光晴ですね。ゲームのファイプロでも多用していた技です。(笑)
カウンターや試合のつなぎ技として威力を発揮するキックだと思います。

サッカーボールキック

サッカーボールキック
座った相手の背中や胸ににキックを浴びせるえげつないキックです。お互い蹴り合い我慢比べをすることもあります。
その威力から、試合を決めるフィニッシュにも使われます。

「キック」のまとめ

見た目が単純ですが痛さが十分伝わる技はキックだと思います。
日常生活でやってはダメですが、誰でも出来て痛さのイメージがしやすいからだと思います。
そのほかにもたくさんのキックがあります。また考察していきたいと思います。