スポンサーリンク

【フット・スタンプ】はエグいプロレス技です/使い手と派生技を紹介します!

スポンサーリンク
プロレス
こんにちは!KamiKamiです。
突然ですが
みなさん、
「フット・スタンプ」
ってエグくないですか?
踏みつけられたほうはかなりのダメージを受けているように見えます。
今回は、このフット・スタンプを深掘りします!!
出典:週刊プロレスmobile


スポンサーリンク

「フット・スタンプ」とは?

フット・スタンプとは、
「仰向けに倒れている相手の腹部を狙って自分の両足で踏みつける技」
です。
自分の全体重を足の裏に乗せるので、受ける相手は大ダメージを受けます。
見た目のインパクトだけではなく、見ているほうも容易に痛みがわかります。
その場飛びで踏みつけるフット・スタンプから派生したもので、トップロープやセカンドロープから仕掛けることもあります。
その場合は「ダイビング・フット・スタンプ」とも言いいます。
フット・スタンプは相手にに逃げれらたとしても次の攻撃に素早く移れるというメリットがあります。
リングの中だけではなく、エプロンサイドから場外へのフットスタンプあります。
いろいろなバリエーションを開発できるのも魅力のひとつです。
出典:www.youtube.com

「フット・スタンプ」は諸刃の剣

フット・スタンプは、かなりの技術が必要な技だと思います。
技が失敗すると自身が大怪我をしてしまうこともあると思います。
狙いを誤ると「足関節脱臼骨折」や「膝の靱帯損傷」をする可能性があると思います。
なので、仕掛ける側の選手には高度な技術が必要だと思います。

「フット・スタンプ」は受けるほうの技術も必要

フット・スタンプをかけられているレスラーを見るとタイミングよく腹筋に力を入れて受けています。
当然のことですが、体に力を入れていないとダメージ大きいですよね。

「フット・スタンプ」の使い手

フット・スタンプの使い手はたくさんいます。
おもな使い手
ロウ・キー
橋本真也
KENTA
CIMA
中嶋勝彦
伊藤薫
中島安里紗
DASH・チサコ
飯伏幸太
などなど。。。
ほかにもたくさんのレスラーが使っています。
私はフット・スタンプと言えば「伊藤薫」が真っ先に思い出します!
あの体重の乗ったフット・スタンプは忘れられません。

「フット・スタンプ」の派生技

フットスタンプには、多くのバリエーションがあります。

ダイビング・フット・スタンプ

トップロープ最上段やセカンドロープから仰向けの相手に向かってフット・スタンプを落とします。

旋回式・フット・スタンプ

コーナー最上段から体を前方1回転をしてフット・スタンプを落とします。

ムーンサルト・フット・スタンプ

出典:www.youtube.com
このフット・スタンプは応用技としてはかなりの高難度だと思います。
距離感をきちんと把握していないと自分と相手が大ケガすることもあると思います。

スワンダイブ式・フット・スタンプ

宙吊り式・ダイビング・フット・スタンプ

カウンター・フット・スタンプ

飯伏幸太がイレギュラー的(もしかしたら予定していた技かも)に開発した技です。
相手の攻撃を飛び越えたいとき、わざと飛び越えずに途中でフット・スタンプを落として攻撃する。
※このフット・スタンプは、派生技の究極のような気がします。カウンターでやってくるので受けるほうは大変です。
他にもたくさんの派生技があります。
これからも新しい派生技が生まれてくるでしょう。

「フットスタンプ」まとめ

フットスタンプとは「両足踏みつけ」です。
見た目でもわかるように相手へのダメージはハンパないです。
この技が成立するには、仕掛けるほうの体幹の素晴らしさと、受けるほうの腹筋の鍛錬がなってない成立しない技です。
これからも新しい派生技が生まれてくると思います。
フットスタンプに目を離さないでください!!