スポンサーリンク

「ラリアット」とは?「ウエスタン・ラリアット」と「リキ・ラリアット」と「アックス・ボンバー」の違いを紹介します!

スポンサーリンク
プロレス

こんにちは!KamiKamiです。

みなさん「ラリアット」について考えたことありますか?

「ラリアット」

プロレスを観ていると必ず出る技ですよね。

ラリアットについて考えてみました。

今回は私が学生時代興奮して観ていた、

「ウェスタン・ラリアット」

「リキ・ラリアット」

「アックス・ボンバー」

を中心に考察しました。

スポンサーリンク

ラリアットの意味は?

ラリアット=牛や馬を捕まえる『投げ縄』

だそうです。

スタン・ハンセンが1970年代後半に新日本プロレスマットで、ウエスタン・ラリアット(西部式投げ縄打ち)の名前で披露しました。

ラリアットは「ラリアート」と呼ばれることがありますが、同じ技を指します。

ラリアットってどんな技?

ラリアットは簡単に言うと、伸ばした腕を相手の上半身(首から胸にかけて)にぶつける技です。

走りこんで打つ場合、ショートレンジで打つ場合といろいろなバリエーションがあります。

オカダ・カズチカの「レイン・メーカー」もショートレンジのラリアットのカテゴリーに入ってきますね。

ウェスタン・ラリアット

レジェンドレスラーの「スタン・ハンセン」のフィニッシュ技です。

腕を少し巻き気味にして腰の回転で当てていくイメージです。

相手をロープに振ってから走りこんで打っていきますが、ショートレンジでも打つことが出来るのが最強の部類に入る技である理由です。

リキ・ラリアット

長州力の必殺技です。

腕は真っ直ぐに近く直線的に当てていくイメージです。助走がとても大事です。

相手の正面からだけではなく、背後からも当てることができる「万能ラリアット」です。

アックス・ボンバー

「超人ハルク・ホーガン」のフィニッシュ技です。

前腕を少し前上方に曲げて相手に向かって「カチ上げる」イメージです。

イメージとしては、「肘をぶつけていく感じ」ですね。

後に肘は曲げずに、一般的なラリアットと変わらない形で使用する事が多くなりました。

 

使えるプロレス語 日常生活をハッピーにするプロレスの名言

新品価格
¥1,650から
(2021/1/11 19:59時点)

 

おもなラリアットの使い手

さまざまなレスラーが昔からラリアットを自分の技にしています。

年代は順不同で紹介していきます。

スタン・ハンセン 「ウエスタン・ラリアット」

長州 力 「リキ・ラリアット」

ハルク・ホーガン 「アックス・ボンバー」

タイチ 「アックス・ボンバー」

鷹木信悟 「パンピング・ボンバー」、「龍魂ラリアット」

小島 聡 「継承ウエスタン・ラリアット」

佐々木健介

小橋建太 「剛腕ラリアット」

阿修羅・原 「ヒットマン・ラリアット」

ラッシャー木村 「ラッシング・ラリアット」

ジャンボ鶴田 「ジャンボ・ラリアット」

潮崎 豪

池田大輔 「大ちゃんボンバー」

入江茂弘 「ビースト・ボンバー」

石川孝志 「相撲ラリアット」

スーパー・ストロング・マシン 「マシン・ラリアット」

近藤修司 「キングコング・ラリアット」

使い手は、まだまだまだまだまだいます。

ラリアット番外編

漫画の世界でもラリアットの使い手がいます。そうです。「キン肉マン」のキャラです。

ネプチューンマン 「喧嘩(クォーラル)・ボンバー」

バッファローマン 「バッファロー・ハンマー」

ライアット まとめ

ラリアットは、プロレスには欠かせない技です。

まさに、

一撃必殺

の技です。

試合の流れを変えたり、フィニッシュにしたりと、どの場面でも繰り出すことのできる、

万能の打撃技

です。

次回はもっと深くラリアットを考察してみます!!

 

日本プロレス70年史 昭和編

新品価格
¥3,850から
(2021/1/11 20:01時点)