スポンサーリンク

筋トレの「超回復」とはどんな奥義?タンパク質と関係しています。

スポンサーリンク
筋トレ
筋トレしている人には気になる
「超回復」
筋トレをしている人には重要なワードです!
筋トレ後に起こるこの現象を『超回復』と呼びます。理論的に語ることを『超回復論』と言います。
筋肉が少しだけ大きく修復される奥義です。笑
「超回復」を深堀りします!!


【新商品】 シックスパッド パワースーツライト アブズ SIXPAD Powersuit Lite Abs PSL EMS スーツ 筋トレ 腹筋 ながら 部位トレ ハイブリッド 布製電極 Eledyne エレダイン ジェルシート不要

懸垂バー 最新ロックシステム採用 耐荷重200kg トレーニング動画付 チンニングバー [1年保証] STEADY (ステディ) ST124-S(ショート) 懸垂 器具 棒 バー 自宅 ドア ぶら下がり

価格:2,580円
(2021/5/9 18:37時点)
感想(195件)

 

スポンサーリンク

超回復とは?

筋肉を筋トレなどで刺激するとと筋繊維が損傷します。この損傷を体は修復しようとします。
同じ刺激でまた損傷しないように、筋肉を少しだけ肥大化させて修復します。
このような体の働きによって、筋トレをすることによって筋肉が大きくなっていくわけです。
この現象を「超回復」と言います。
この時に筋肉痛が起こります。筋肉痛が起こるということは効果的な筋トレが出来ている証拠にもなります。

超回復が現れる条件

筋トレを行うことによって起こる筋繊維の損傷や体にストレスがかかることで体力が低下してしまいます。
そのあとに適度な休息をとることで筋肉が回復していき、その結果、筋力の向上や筋肉の肥大化などの成果が現れます。
”筋トレ後は48時間から72時間の休息が必要です。
超回復は一般的に、トレーニング後48~72時間(2日~3日)の休息が効果的とされています。休息をとらず、48時間よりも短い間隔で
トレーニングを行ってしまうと、筋肉が十分に回復する前に再び筋肉が破壊されてしまうため、筋肉が成長しないうえ、疲労が蓄積してパフォーマンスが向上しません。”
引用:MELOS
あくまでも一般論ですので、個人差があります。自分の体と相談しながら筋トレを進めていくことが大事です。

超回復の疑問

筋肉マッチョの人は毎日トレーニングしていると思います。それでも筋肉が大きくなるのはなぜでしょうか?

それは筋トレする体の部位を毎日別にすることで効率的に筋トレをしているんです。
「今日は上半身、次の日は下半身をトレーニングする」
などの工夫をしているはずです。
筋トレを続けないと目に見える筋肉の成長は現れないので継続することが大事です。

超回復とタンパク質の関係

筋トレと同時にタンパク質を摂りましょう。効率よく筋肉を肥大させることができます。
”1日の摂取目安量
毎日筋トレや運動などで体をしっかり動かしている方や筋肉をつけたい方の場合、1日に必要なタンパク質の量は、体重1kgあたり1g。
例えば体重50kgの方なら50gは摂りたいところです。なお、50gのタンパク質というのは、意識しないとなかなか摂取しきれない量です。
タンパク質が豊富に含まれる鶏肉や豚肉・大豆製品などを積極的に食べるほか、プロテインやサプリメントを利用するのも良いでしょう。
タンパク質を摂るタイミング
基本的にはいつでもOK。1日の摂取量を満たすために、毎日の食事に意識的にタンパク質が豊富な食材を取り入れましょう。筋トレや運動をする方は、筋トレ後にプロテインを飲んだりタンパク質の多い食事をとったりするのもおすすめ。ダメージを受けた筋肉を回復させるのに役立ちます。”
引用:eo健康

まとめ

筋トレを続けないと目に見える筋肉の成長は現れないので継続することが大事ですよ。