スポンサーリンク

プロレス観戦初心者の疑問。技の名前の由来編!

スポンサーリンク
プロレス

今回は、プロレス観戦初心者の人には素朴な疑問である

「なぜ、この技の名前はこうなのか?」

いっしょに調べてみましょう!

このシリーズは、どんな技かではなく、技の名前の由来を紹介します。


【メール便対応】スタンハンセン×Count2.9 初来日記念Ver. Tシャツ (ブラック)

スポンサーリンク

DDT

ジェイク・ロバーツというレスラーが開発した技で、殺虫剤のDDTに由来していると語っています。

「dichlorodiphenytrichloroethane ジクロロジフェニルトリクロロエタン」

の略になります。

日本でのDDTの元祖の使い手の天龍源一郎は、自分の名前と掛けて、

「デンジャラス・ドライバー・オブ・テンリュー」

の頭文字であると話していたこともあり、こちらが名前の由来だと思われることも多いですが、当て字のようですね。

フランケンシュタイナー

技の開発者である、スコット・スタイナーがフランケンシュタインに似ているということからこの名前になったそうです。

モンゴリアンチョップ

もともとモンゴルの格闘技の歴史にはにはこのようなチョップはありません。キラー・カーンが元祖とされています。モンゴル人キャラクターから来ているようです。

新日本プロレスの春の祭典「NEW JAPAN CUP 2021(ニュージャパン・カップ2021)」!試合結果速報!

ラリアット

野生動物や暴れ家畜などを捕えるための「投げ縄」のことで、西部開拓時代から続いている投げ縄の動作を参考にしたスタン・ハンセンが命名しました。

アメリカでは、「クローズライン」と呼ばれています。

アルゼンチンバックブリーカー

日本名は、「アルゼンチン式背骨折り」です。「人間マフラー」とも言われます。アルゼンチン出身のアントニオ・ロッカのオリジナル技です。名称通りアルゼンチンから来ているようです。

カナディアンバックブリーカー

相手を担ぐ姿が、丸太を担いだキコリのようだと言うことでこの名前が付いたと言う説と、開発者がカナダ人のレスラーのユーコン・エリックと言うことからだとの説があります。

ウラカン・ラナ

正式には、「ウラカン・ラナ・インベルティダ」と言います。

日本名は、「高角度後方回転エビ固め」と言います。

「ウラカン」はスペイン語で「ハリケーン」で「ラナ」は「カエル」、「インベルティダ」は「逆の」と言う意味です。

アメリカでは「ハリケーン・ラナ」と言われています。

ラ・マヒストラル

スペイン語で、「la(destreza)magistral」となり、「見事(あっぱれな)」と言う意味になります。

ジャーマンスープレックス

「ジャーマン」の由来は皆様お察しのとおり、ドイツのことです。

カール・ゴッチがドイツ出身であったためと言われています。

カール・ゴッチ自身は、ただ「スープレックス」と呼んでいるそうです。

プロレスのパンチを考える。グー・パンチやナックル・パートなど。