本サイトはプロモーションを含んでいます。

【プロレス初心者の疑問!DDTってなんの略?】どんな技なのかもわかりやすく紹介します!

スポンサーリンク

本サイトはプロモーションを含みます。

本サイトはプロモーションを含みます。

奥さんとプロレスを見ていると素朴な質問をされました。

DDTってどうなるとDDTなの?

今では、原型である最初のころのDDTが見られることはあまりなく、いろんな入り方があるバリエーション豊かなDDTになってますね。

なので、どうなるとDDTなのかが解らないとのことでした。

確かに。

DDTは1980年代に生まれた大技で現在でも多くのレスラーが使う有名な大技です。

出始めのころは一撃必殺のフィニッシュ技でした。

今回は

DDTって何の略なのか?

DDTってどんな技なのか?

プロレス観戦初心者の人にもわかりやす紹介していきます!

※技の由来には諸説ありますのでご了承ください。

スポンサーリンク

そもそも、なんでDDTって言うの?

DDTという技は、ジェイク・ロバーツというレスラーが開発した技です。

1980年から1990年代に活躍したレスラーです。

2メートル近い身長から繰り出されるスピード重視の技でした。

殺虫剤のDDTに由来していると伝えられています。

dichlorodiphenytrichloroethane ジクロロジフェニルトリクロロエタン

の略になります。

DDTってどんな技?

向かい合った相手の頭部をフロント・ヘッド・ロックで肩脇に抱え、そのまま後ろに勢いよく倒れて相手の頭頂部をマットに打ち付ける技です。

頭頂部をしこたま打ちつける型です。

日本でDDTを広めたのは天龍源一郎

日本でのDDTの元祖は天龍源一郎と言われています。

しかし、技名は殺虫剤のDDTではなく自分の名前とひっ掛けて、

デンジャラス・ドライバー・オブ・テンリュー

の頭文字であると話していました。

これがDDTの名前の由来だと思われることも多いですが、後からつけた当て字のようです。

天龍のDDTは、脳天を打ち付けるのではく相手の顔面あたりをマットに打ちつける型です。

後に天龍のDDTを究極の完成形の技にしたのが、橋本真也でした。

130kgの体格から放たれるDDTは体重とスピードが乗って相手に大ダメージを与えることができます。

DDTのいろいろな派生技

ジャンピング式DDT

ジャンプしながら相手をマットに打ち付けるDDTです。

低空式DDT

高橋裕次郎の使う「ピンプ・ジュース」が低空式DDTになると思います。

高さ重視ではなくスピードとキレを重視したDDTです。

雪崩式DDT

コーナー2段目やコーナートップから繰り出されるDDTです。

落差重視のDDTです。

ダイビング飛びつき式DDT

DOUKIが得意としています。

「デイブレイク」と言う名前で使っています。

ロープに向かって棒立ちの相手に向かってエプロンサイドからトップロープに飛び乗りロープの反動を使って飛んでいき空中で相手の頭部を抱えてそのままDDTに持っていきます。

垂直落下式DDT

橋本真也の使うDDTです。見た目は垂直落下式ブレーン・バスターのように見えますが、橋本の場合は相手を落とすときにジャンプします。

体重が乗るので一撃必殺のDDTになります。

フィッシャーマンズ式DDT

フィッシャーマンズ・スープレックスのように相手を抱え上げます。相手を真後ろに落とすのではなく、相手を真上に持ち上げたところで真下に落とす技です。

スイング式DDT

コーナートップやトップロープからジャンプして相手に飛びつき、飛びついた勢いを利用して相手を軸にして回転しながらDDTを放っていきます。遠心力を味方につけるので大きい相手でも仕掛けることができます。

ダブルアーム式DDT

ダブルアーム・スープレックスに入るように相手の両腕をロックして相手を持ち上げると同時に自分は後方に倒れこんで相手の頭頂部をマットに突き刺すDDTです。相手を垂直近くまで持ち上げる高角度式や最後まで腕のロックを外さないで落とすバリエーションがあります。どちらもとても危険です。

リストクラッチ式DDT

通常のDDTは、相手の両腕はフリーです。これを改良して相手の腕をロックしながらDDTを仕掛けます。

リバース式DDT

相手を仰向けにした状態で脇に抱えて落とします。頭頂部より後頭部を打ち付けるようなイメージです。

垂直落下式リバース式DDT

相手を仰向けにした状態で脇に抱えて落としますが、相手を高く持ち上げてから勢いよく落とすDDTです。

 

この他にもたくさんあります。

まとめ

「DDT」は今でもプロレス技の王道です。

相手の頭がマットに突き刺さるのを見ると絶望しますが、この攻撃を耐えるレスラーに観客は熱狂します!

関連記事:【デス・ライダー/ブラディ・サンデー/ダイレクト・ドライブ】の違いをシンプルにわかりやすく紹介します!