スポンサーリンク

筋トレしている人が【蕎麦・うどん】を食べると筋肥大に効果ありです!

スポンサーリンク
筋トレ

こんにちは!kamikamiです!

日頃から筋トレ頑張っている人に質問です。

筋トレして普通に麺類を食べたくありませんか?

なんか炭水化物ってイマイチ食べるのが後ろめたい。。。

そんな人多いですよね。

私もそうです。

でも麺類大好きなんです。

ここで疑問になるのが、

麺類の代表格である「蕎麦」と「うどん」。

筋トレしている人はどっちも食べても良いのか?どちらを食べるのが良いのか?

です。

今回は、このことについて調べてみました。

調べた結果、「蕎麦」も「うどん」も筋トレにメリットがあるようですよ。

では見ていきましょう!

スポンサーリンク

筋トレと「蕎麦」の関係は?

アスリートには定番のメニューなっている「蕎麦」。

有酸素運動時や筋トレ全般、腹筋を割りたい時やダイエット時など運動系や筋肉系の動きの際に蕎麦は最適なメニューです。

理由は、

「タンパク質が多く含まれていて脂質が少ない」「食物繊維が豊富」

だからです。

ここで注目したいのが、脂肪になりやすい脂質が少ないと言うことです。

ダイエット中に食べるのには非常に適した食べ物です。

蕎麦は、タンパク質やビタミンB群が豊富で筋トレや筋肉を付けたい時、筋肉増強時に効果がある最適な食事メニューです。アミノ酸スコアも高いのでトレーニングの後の食事としても有効です。

蕎麦のカロリーは?

蕎麦が含むカロリーは、「100gあたり273kcalほど」です。

蕎麦はカロリーは高めです。

栄養価やカロリーはやや高めですが、消化吸収に優れ、含まれる栄養素の働きは健康管理や維持に効果的で疲労回復や高血圧、肥満、生活習慣病の予防や改善に役立つと言われています。

ダイエットトレーニングをしている人はカロリーオーバーにならいように食べる量を少なめにしましょう。

半玉ほどが目安です。

「蕎麦」のトッピングには気を付けましょう

天ぷらなどの揚げ物をトッピングすると吸収が遅くなるので効果が減少してしまいます。

「蕎麦」を食べることのデメリット

デメリットは、腹持ちが悪いことです。

筋トレと「うどん」の関係は?

「うどん」に含まれる炭水化物は筋肥大にはある程度必要なものです。

絶対に炭水化物がNGなわけではないんです。

炭水化物は必要です

「炭水化物=太る」

良く聞かれる言葉ですよね。

炭水化物は、エネルギー源です。

筋肉に必要なタンパク質といっしょに摂取すると、筋肉の合成が早くなる効果があります。

「炭水化物=太る」と思われているのは、脂質もいっしょに摂取していることが原因です。

これは、炭水化物といっしょに揚げ物や油で炒めた焼きそばなどを食べてしまっているからです。

「うどん」は白飯よりもカロリーが低い

「うどん」と「白米」のカロリーを比較すると一目瞭然です。

  • 「うどん」は約105カロリー
  • 「白米」は約180カロリー

です。

「うどん」のほうが圧倒的にカロリーが低くなっています。

「うどん」を食べることのメリット

うどんは炭水化物の中でも吸収が早く不足した栄養を早く補給できるので、筋トレの後に食べると筋肥大に効果的と言われています。

うどんの方が白米よりもカロリーが低くなっていますので、ダイエットを目的とした筋トレをしている人には、うどんがお薦めです。

筋トレ前「うどん」を食べる

筋トレ前にうどんを食べると効果的です。筋トレには炭水化物や脂質などのエネルギーが必要です。吸収が早いうどんは筋トレ前のエネルギー源として最適です。筋トレの前に食べるなら1時間前が良いです。

筋トレ後「うどん」を食べる

筋トレ後にうどんを食べると筋肉の成長が促進されます。筋トレで傷ついた筋肉を修復するためには、タンパク質と炭水化物が必要です。筋トレ後にうどんを食べることにより、炭水化物を摂取でき、筋肥大の促進を促します。卵などをトッピングして食べるとさらに効果的です。

「うどん」のトッピングには気を付けましょう

天ぷらなどの揚げ物をトッピングすると吸収が遅くなるので効果が減少してしまいます。

筋トレと「蕎麦・うどん」まとめ

「うどん」にしても「蕎麦」にしても、トッピングがないと筋トレにとても効果がある心強い食べ物です。蕎麦もうどんも筋トレ前後ばかりではなく、ダイエット目的の人にもおススメです。

しかし、天ぷらなどの揚げ物をトッピングすると吸収が遅くなって効果が低下します。

「うどん」や「蕎麦」ばかりではなく、栄養を考えたバランスのある食事を心掛けましょう。

 

筋トレやダイエットに必要な【五大栄養素】とは?