スポンサーリンク

「ボディスラム」の派生技「チョークスラム」と「パワースラム」の違いを紹介します!!

スポンサーリンク
プロレス

プロレスでの投げ技はたくさんあります。

投げへどうやって入るか?

相手のどこにダメージを与えるか?

同じ技でも使うレスラーによってまったく違う色になります。

長い間、プロレスラーは独自の技を開発してファンを喜ばせてきました。

その結果、たくさんの技が開発されてきました。

今回はまだまだ進化するであろう「投げ技」を深堀します。

まずは、投げ技は大きく分けるとどんなふうに分類されるか考えてみました。

分類すると、

「スラム系」

「スープレックス系」

「ボム系」

「ドライバー系」

が大きな分類になると思います。

今回は、「スラム系」について深堀してみます。

ドライバー系とボム系はこちらから↓↓

プロレスの投げ技紹介!ドライバー系とボム系「パイルドライバー」「パワーボム」ほか

スポンサーリンク

「スラム系」ってどんな技のことか?

シンプルに言うと、「相手を背中から叩きつける技」です。

技の特徴から、前から掴んで投げに入るパターンがほとんどになります。

では、「スラム系」の代表的な技を紹介していきます。

ボディ・スラム

「ボディ・スラム」

日本名は、

「抱え投げ」

です。

日本名初めて知りました。。。

プロレスの技術においては基本的な技と定義されていて、技をかけるほう技をかけられるほうも技術がしっかりしていないと完成しない、ある意味とても危険な技と言われています。未熟だと、頭から落としたり落とされたり。。なんてことになってしまいます。

現代のプロレスの試合では、序盤に出る技ですが、使われ始めた当初はフィニッシュ技として十分な技でした。

チョーク・スラム

「チョークスラム」の「チョーク」とは、「喉を絞めること」です。

相手の首を片手で掴んでもう片方の手で相手のパンツなどを掴んで持ち上げる。そして相手の背中をマットに叩きつける。

日本名は、

「のど輪落とし」

となります。

日本では、輪島大士の「アームボンバー」で有名になり、後に田上明がフィニッシュ技として使い続けました。相撲をバックボーンにしているレスラーが多く使ってますね。理由として相撲の技のひとつの「喉輪」が関係しています。

そのほかパワー系のレスラーが得意としています。バッド・ラック・ファレの「グラネード」もですね。身長が高いレスラーが使うと高さが加わって大ダメージを与えることができます。。

グラネード

バッド・ラック・ファレの必殺技です。

193cm156kgの巨体から「グラネード」を放ちます。

相手の喉を左手だけで掴んで大きくリフトアップします。空中に浮いた状態の相手の喉元に右手の親指を突き刺すのが完成形です。

エリミネーター

グレート-O-カーンの必殺技です。

右手で相手のこめかみをアイアンクローします。そのまま高くリフトアップして落とすように叩きつけます。(変形アイアンクロースラムとも言えます)

エリミネーターとは、「排除する者」、「人を殺める」という意味があります。

そのほかの投げ方

そのほかの投げ方のバリエーションとして、「マットに叩きつける最後まで首を掴んでいたり」、「叩きつける途中で掴みを解除する投げっぱなし」「カウンターで仕掛ける」などいろいろなアレンジをすることができます。

パワー・スラム

「パワー・スラム」

別名「スクープ・サーモン」とも呼ばれます。

知らなかった。。。。なんで「サーモン???」あとで調べてみます。

技の掛け方としては、

向かってくる相手の勢いをそのまま利用してボディスラムのようにキャッチし回転しながら投げる技です。

ボディ・スラムの派生技として考えられました。

やはり、ボディ・スラムは基本なんですね。

私が、「パワースラム」と聞いて真っ先に思い浮かぶのが佐々木健介(パワー・ウォーリアー)ですかね。

パワー系ファイターが使うことが多かったのですが、今ではKENTAがさりげなく使っているのが好きです。現在は、カウンター技として使われることが多いです。

その昔は、谷津嘉章が得意技としていました。

技の重さでは、スコット・ノートンのパワースラムが印象に残っています。

パワー・スラムのバリエーションとしては、中邑真輔は相手の体が裏表反対になる「リバース・パワースラム」を完成させました。

「スラム系」まとめ

ここで紹介した技以外にもたくさんの「○○スラム」があります。

ボディ・スラムはプロレスにおいては、「基本中の基本の技」なのでどのレスラーも習得している技です。なのでレスラーの数だけバリエーションがあると言っても過言ではありません。だから現在でもたくさんのレスラーに使われている廃れない技なんですね。

開発された当初はフィ二ッシュ技でしたが、現在は試合の序盤で繰り出されたり、次の技へ移行するのに相手のポジションを作るための技として使われたりととても助かる技です。

すべては「ボディスラム」から始まりました!

※あくまで個人的見解ですのでご了承ください。

プロレスの「雪崩式ブレーンバスター」は、どうなると「雪崩式」なのか?「断崖式」も紹介します!