本サイトはプロモーションを含んでいます。

【ムーサルト・プレス】使い手と派生技を紹介します!

スポンサーリンク

本サイトはプロモーションを含みます。

本サイトはプロモーションを含みます。

こんにちは!kamikamiです。

今回は、超有名技の

「ムーンサルト・プレス」

を紹介します。

この技はとても観客が沸く技です。

「ムーンサルト・プレス」とは、日本語で「月面水爆」と言います。

コーナーポストからマットや場外に向かって、相手に背中を向けた状態からバク転をしながら相手めがけて飛んでいく技です。

円を描くようなフォームで飛んでいき相手にボディ・プレスをする型からこの名前で呼ばれています。

成功すると相手に大ダメージを与えることができますが、回避されるリスクが非常に多く逃げられてしまうと自分の膝や腹など強打してしまい逆にダメージを受けてしまいます。

技が成功しても膝を強打する技なので長年の使い過ぎで膝を痛めるレスラーが多いです。

そんな大きなリスクがあってもレスラーは使いたいと思う素晴らしいプロレス技なんです。

今回は、私が学生時代に見ていたムーンサルト・プレスの使い手をプロレス観戦初心者の方にもわかりやすく紹介していきます。

また、ムーンサルト・プレスの派生技も合わせて紹介します。

スポンサーリンク

「武藤敬司」

まず最初に挙げるのは、

武藤敬司の「ムーンサルト・プレス」です。

「ラウンディング・ボディ・プレス」

と呼ばれます。

コーナー最上段に登るスピードがハンパないのとリングとマットと平行に飛び出すフォームは飛距離

とスピードがあって滑り込んで着地するようなイメージです。射程距離がとても広くリング中央までの射程距離があります。

相手に逃げられても両足で着地できるのも特徴です。あのスピードで両足を使ってしっかり着地できるのは並外れた運動神経あってこそです。

これが通常のムーサルトプレスとの大きな違いです。

たとえクリーンヒットしなくても、両膝を当てていくこともできるので相手に必ずダメージを与えることが出来ます。

新日本プロレス~WCW時代に多用したために両膝を痛めてしまい、両膝に人工関節を入れるまでになってしまいましたが、素晴らしい必殺技です。

「天山広吉」

天山広吉のムーンサルト・プレスは、フォームはとても綺麗とは言えませんが上からズドンと落ちていく形で重みがあります。

腕を縮めて回転していくのが特徴です。

不器用そうに見えて実は器用な天山が放つというだけで破壊力があります。

関連記事:【猛牛!天山広吉】ってどんな技を使うどんなレスラーなの?わかりやすく紹介します!

「小橋建太」

小橋建太のムーンサルト・プレスは、まっすぐ上から直角に落ちるイメージです。

重みがあるフォームです。

握り拳を作って気合いを入れてからコーナーに登るのがお決まりのムーヴでした。

蓄積した膝へのダメージは大きく、現役を終えてから膝に人工関節を入れています。

「飯伏幸太」

飯伏幸太のムーンサルト・プレスは、フィニッシャーとしてではなく、繋ぎ技として使う場面が多いです。

コーナーからやその場飛びで相手に見舞っていくことができます。

逃げられることも予測したフォームになっています。逃げらてももう一度回っていくことができます。この技術は素晴らしいです。

「ビッグ・バン・ベイダー」

あの体重、あの巨体から繰り出されるフォームは少し斜めから回っていきます。

旋回式に近いと思います。

もちろんあの体重が乗っかってくるので破壊力は抜群です。

ムーンサルト・プレスの派生技

ムーンサルト・プレスには多くの派生技があります。

「アラビアン・プレス」

サブゥーが開発した技です。

「リバウンド式」のムーンサルト・プレスです。

トップロープに開脚でお尻をついてロープの反動を利用してムーンサルト・プレスに行きます。

技の名前の由来は、サブゥーのキャラクターの「アラビアンナイト」から来ていると思われます。

「ハリウッド・スター・プレス」

ロブ・ヴァン・ダムが開発した技です。

アラビアン・プレスに非常に似ています。

違いはコーナーポスト最上段に一度立ってから座り込むように尻餅をついてロープの反動を利用してムーンサルト・プレスをします。

技の名前の由来は、ロブ・ヴァン・ダムが、ハリウッドスターの「ジャン・クロード・ヴァン・ダム」に似ていることから付いたと思われます。

「スカイ・ツイスター・プレス」

全日本女子プロレスの「チャパリータASARI」が開発した技です。

後方に720度、横に720度回転します。

言葉だけでは説明しづらい技ですね。

器械体操がバックボーンのASARI選手だからできる超難度の技です。

「フェニックス・スプラッシュ」

ハヤブサが開発者です。

飛んだあとすぐに体を180度捻り、前に向けてからの450度で着地(スプラッシュ)するのが基本です。

現在は、飯伏幸太や上谷沙弥などが使い手です。

「カンクーン・トルネード」

ウルティモ・ドラゴンや菊タローが使用することが多いです。

ムーンサルト・プレスのように後方1回転宙返り2回捻りでプレスします。

難易度が非常に高い技です。

「スターダスト・プレス」

使い手として内藤哲也が有名ですが、獣神サンダー・ライガーも1度だけ披露したことがあります。

「ラ・ケブラーダ」

「アサイ・ムーンサルト」とも呼ばれます。

ロープの反動を使って場外にいる相手に向かってムーンサルトをする技です。

「ラ・ブファドーラ」

クリス・ジェリコの「ライオンサルト」、ミラノコレクションA.T.の「エンポリオ・アルマニッシュ」がこれに当てはまります。
ラ・ケブラーダとは逆で、リング内の相手に向かってセカンドロープを使ってムーンサルト・アタックをする技です。

「ムーンサルト・フットスタンプ」

福岡晶が開発しました。

ムーンサルト・プレスのプレスを脚に変えたのが「ダブル・フット・スタンプ」です。

相手の腹部に両脚で着地する荒技です。

腹や胸にピンポイントでダメージを与える技です。

関連記事:【フット・スタンプ】はエグいプロレス技です/使い手と派生技を紹介します!

「ダブルローテーション・ムーンサルト・プレス」

リコシェのオリジナル技です。

630度回転してプレスする。

通常のムーンサルトより1回転多いです。

数多くの派生技がありますね。