スポンサーリンク

IWGP世界ヘビー級ベルトがお披露目されました。これからどうなるIWGP!

スポンサーリンク
プロレス

新日本プロレスにある

「IWGPヘビー級王座」のベルト

と、

「IWGPインターコンチネン王座」のベルト

が統一されてひとつのベルトになりました。

それが

「IWGP世界ヘビー級王座」のベルト

です。

現二冠チャンピオンである、飯伏幸太によって、2本のベルトが統一され、新しいベルトが生まれました。


【メール便対応】新日本プロレス NJPW 飯伏幸太 I will become God Tシャツ

スポンサーリンク

IWGPヘビー級王座とIWGPインターコンチネンタル王座の歴史

IWGPヘビー級王座

IWGPヘビー級王座は、1987年の「第5回IWGP王座決定リーグ戦」でタイトル化されました。

IWGPインターコンチネンタル王座

インターコンチネンタル王座は、2011年に誕生しました。約10年間の歴史がありました。

現二冠チャンピオンである、飯伏幸太によって、2本のベルトが統一され、新しいベルトが生まれました。

IWGP世界ヘビー級ベルトのコンセプトとデザイン

2本のベルトの統一に肯定派のファン、否定的のファン。どちらのファンにとっても気になっていたのは、

「新しいベルト」がどんなベルトになるのか?

だと思います。

そして

2021年3月31日に、IWGP世界ヘビー級ベルトの贈呈式が行われました。

出典:新日本プロレス公式サイト

新ベルトのデザインは、歴代のベルトのデザインを継承した作りになっています。

放射状に広がるラインは初代、上部の王冠ののように広がっている形状は2代目、羽根は3代目、2色の配色とライオンマークの配置は4代目、サイドのバックルの形状はインターコンチネンタルをイメージしているそうです。

ベルトのコンセプトは、

「戦いの魂を受け継ぎ世界へ羽ばたく」

です。

上部のライオンマークが太陽となり、世界を照らし、その周囲には「燃える炎=闘魂」が示され、世界を貫く剣もデザインされています。地球儀のデザイン周辺の5つの宝石は50周年&5大陸、宝石の台座はライオンの牙をイメージしていて、世界を掴む、捕えるという意味もあります。さらに両サイドには世界に羽ばたく翼もデザインされ、IWGPの歴史とともに世界に羽ばたく王座がイメージされています。

IWGP世界ヘビー級王座の初代王者は飯伏幸太です。

IWGP世界ヘビー級王座の初代王者は飯伏幸太でした。

IWGP世界ヘビー級王座 歴代王者

初代 飯伏幸太

第2代 ウィル・オスプレイ

第3代 鷹木信悟

これからこのベルトがどんな歴史を築いていくのか楽しみです。


【メール便対応】新日本プロレス NJPW 飯伏幸太 I will become God Tシャツ

プロレスのパンチを考える。グー・パンチやナックル・パートなど。