本サイトはプロモーションを含んでいます。

【マスター・ワト】得意技「ベンダバール」「通天閣ジャーマン」ってどんな技?

スポンサーリンク

本サイトはプロモーションを含みます。

本サイトはプロモーションを含みます。

こんにちは!kamikamiです!

今回は

Way to the GrandMaster

マスター・ワト

についてです!

「ベスト・オブ・ザ・スーパーJr.30」で初優勝を果たし、また新たな覚醒をしたマスター・ワト!

通天閣ジャーマンで強者たちから3カウントを取りまくる取りまくる!

今年の優勝も納得です。

そして最近のマスター・ワトは、体も大きくなり頼もしくなってきました。

投げ技、飛び技、固め技、関節技、打撃技とさまざまな技をバランスよく使っているのが特徴ですね。

ここで疑問が

マスター・ワトの使う技の名前が気になる。

RPP

レシエントメンテ

ベンダバール

通天閣ジャーマン・スープレックスホールド

などなど。

個性的な名前が付けられていますね。

今回は、

マスター・ワトが使う技と名前の由来

について紹介していきます。

プロレス観戦初心者にも解りやすく紹介していきます!

スポンサーリンク

「RPP」って何の略?

コーナートップからリングに飛んでいきます。

前方270°プラス横360°回転して着地は相手へのセントーンの体勢で相手に落ちていきます。

体を捻りながら落ちていきます。

「コークスクリュー・セントーン」「ローリング・セントーン」

です。

この技名の由来について、ワトは取材に対して

「秘密」

としています。

すごく気になりますよね。

まあ、本人が話してくれまで答えは出ないですね。

「ベンダバール」の名前の意味って?

『変形のゆりかもめ』です。相手の両腕を自身の両腕で固めて自身の両腕で相手の首を絞めつけます。

「ベンダバール」はスペイン語です。

「疾風」「南西の暴風」「一陣の風」

などの意味があります。

技の通りの名前ですね。

「レシエントメンテ」の名前の意味って?

「レシエントメンテ」はスペイン語です。

「最近」「近頃」「近未来」

などの意味があります。

ワトの場合は「近未来」という意味合いを意識しているそうです。

技のかけ方は、

相手を前方に回転させながら相手の後頭部をマットに叩きつける、

前から落とす高角度十字固め

です。

現在は、改良技の「レシエントメンテⅡ(セグント)」を開発しています。

「レシエントメンテ」と「レシエンテメンテ」どっち?技が使われ始めたころは「レシエンテメンテ」でした。現在は「レシエントメンテ」と呼ばれています。

「通天閣ジャーマン・スープレックスホールド」

相手を投げる高さとブリッジがケタ外れの高角度ジャーマン・スープレックスホールドです。

投げた後の綺麗なブリッジが見どころです!

マスター・ワトの出身地である大阪府にある名所にちなんで名付けられた説が有力です。

さいごに

2023年1月4日の東京ドーム大会あたりから覚醒が始まったのではないか?と思います。

ダイナミックなプロレスをするようになりました。

頼もしいレスラーになりました。

「ベスト・オブ・ザ・スーパーJr.30」でまた新しい覚醒をしたのではないかと思います。

近未来に向かって突っ走れ!

マスター・ワト!!

関連記事:【通天閣ジャーマン】マスター・ワトの代名詞となった素晴らしいジャーマン・スープレックスです!