スポンサーリンク

プロレスでよく聞く第三世代ってどの選手ですか?

スポンサーリンク
プロレス

新日本プロレスを観戦しているとよく聞くワードが、

「第三世代」

これはどの選手のことを指しているのでしょうか?

調べてみました。


【メール便対応】新日本プロレス NJPW 天山広吉&小島聡 デビュー30周年記念 Tシャツ

スポンサーリンク

新日本プロレスでの「第三世代」の定義

「第三世代」とは、一般的に新日本プロレスで、1990年代の初めにデビューして活躍したレスラーを言います。

1998年ごろから使われてきたワードのようです。

新日本プロレスでの「第三世代」のプロレスラー

この世代の代表として、

天山広吉、小島聡 (1991年デビュー)

永田裕志、中西学 (1992年デビュー)

がおり、この4人を指すケースが多いです。

もちろん、この4人の他にも有名選手はたくさんいます。

金本浩二

小原道由

西村修

大谷晋二郎

高岩竜一

などなど。有名選手ばかりですね。

新日本プロレス以外の「第三世代」プロレスラー

新日本プロレスで「第三世代」と呼ばれるレスラーと同時期にデビューした他団体選手は、

全日本プロレスの秋山準、大森隆男。

ユニバーサル・プロレスリングのザ・グレート・サスケ、TAKAみちのく、新崎人生。

UWFインターナショナルでは、高山善廣、桜庭和志。

などなど、こちらもビッグネームのレスラーが顔を揃えています。

 

プロレス界全体での「世代」の呼び方

日本のプロレス界全体でも、「第○世代」などと言われることがあります。この場合は、力道山が第一世代、ジャイアント馬場とアントニオ猪木が第二世代となりますので、少しズレていくことになります。ただ、「第一世代」と「第二世代」はあまり使われないワードですね。

現在活躍中のプロレスラーにも「第○世代」などという当てはめかたはしていないですが、もしかしたら将来、何か呼び名が付くかもしれませんね。


【メール便対応】新日本プロレス NJPW 天山広吉&小島聡 デビュー30周年記念 Tシャツ

「日本プロレス史70周年記念大会」が2021年9月に開催されます!新日本プロレス、全日本プロレス、ノア、DDTなどが参戦!