スポンサーリンク

プロレスの歴史と試合形式とルール

スポンサーリンク
プロレス

こんにちは!kamikamiです。長いこと見ている「プロレス」でしたが、ある時ふと思いました。歴史も勉強しなければプロレスは語れないなと。調べてみました!

スポンサーリンク

プロレスの起源

正式には「プロフェッショナル・レスリング」と言います。以後「プロレス」と表示します。アマチュア・レスリングより歴史が古いと言われます。現在の様に巡業をして観戦料を得るスタイルは1830年ごろにフランスで始まっていたことが分かったそうです。プロレスのファイトスタイルの原型はイギリスのランカシャー地方のランカシャーレスリングにあるという説が有力ですが、レスリングのグレコローマンスタイルをアメリカで行っていた説もあります。女子プロレス、ミゼットプロレスというジャンルもあります。観戦料金で収入を得る形式が一般的です。アマチュアという分類もあります。これは主に学生プロレスに多いです。

世界各国でのプロレス

プロレスの呼び方も国によっていろいろで、アメリカなどはレスリング、メキシコではルチャ・リブレ、ヨーロッパではキャッチ・アズ・キャッチ・キャンまたはランカシャーレスリングと呼ばれています。

メキシコにはライセンス制度があります。しかし、ほとんどの国にはライセンス制度がないのでプロとアマのはっきりとした線引きがないです。

地域に密着して興業を行う地域密着型と、全国を回る巡業型があります。

プロレスのルール

代表的な試合の決着の仕方です。

フォール

対戦相手の両肩をマットに3カウント付ける。

KO(ノックアウト)

10カウントの間に立ち上がれないと負けになる。レフェリーの采配に左右されることが多い。

リングアウト

20カウントの間に場外からリングに戻らないと負け。これもレフェリーの采配に左右される。

ギブアップ

負けの意思を口で言う。

タップアウト

負けの意思を相手の体かマットを叩いて表明する。

反則負け、反則勝ち

凶器の使用、レフェリーへの暴行、セコンドレスラーの試合への介入など。ただし、5カウント以内なら反則負けにはならない。

レフェリーストップ

攻撃を受けている選手がこれ以上技を受け続けると大怪我を負うと判断した場合はレフェリーの判断で試合を終了させることができる。

TKO

セコンドからのタオルの投入など。

オーバーザトップロープ

トップロープの上を越えて場外に落ちると失格、あるいは負けになる。

試合形式

代表的な試合形式です。

シングルマッチ

1対1で戦う形式です。

タッグマッチ

2対2、3対3とチームを組んで戦う形式です。

3WAYマッチ

3人で戦う形式で1人が勝利した時点で決着となる。タッグマッチで行われることもある。

ハンディキャップマッチ

1対2、1対3などで行われる同じ人数で行わない形式。

バトルロイヤル

大人数で行われる試合形式です。負けたレスラーから退場していき最後に残ったレスラーが勝利となる。参加レスラーが試合の開始時に全員リング上にいる場合と時間差で入場してくる形式がある。

 

現在のプロレスは、スポーツかエンターテイメントかと言う議論がいつも出ますが、メディアではエンターテイメント扱いということで決着しています。

現在のプロレスラーはアスリート化しています。激しい試合に耐えることのできる基礎体力と頑丈でしなやかな筋肉を鍛えると同時に観客を魅了する体つくりも意識しています。もちろんプロレスラーとしての技の精度の追求、観客を飽きさせないレスラー個々のイマジネーションの追求もしています。

レスラーのプロフェッショナルとしてのプロレスとの向き合い方の考えは一般のサラリーマンである私も見習うべきところです。

プロレスの歴史についてあわせて読んでみて下さい。

プロレスマスクの起源と歴史

プロレスマスクの歴史と起源 2章 覆面レスラーの誕生