スポンサーリンク

春のG1「ニュージャパン・カップ」の歴代優勝者

スポンサーリンク
プロレス

こんにちは!kamikamiです。

今年もこの季節がやってきました。

新日本プロレスの春のビッグイベント

『ニュージャパン・カップ』

開催時期から、「春のG1」「春の最強戦士トーナメント」と呼ばれています。

2005年から始まりました。開催当初はジュニアとヘビーの壁を乗り越えた無差別級トーナメントでしたが、現在ではヘビー級レスラーのみが参戦する大会になっています。2020年大会はコロナウィルスの影響もあり、ジュニアヘビー級の選手も出場の無差別級のトーナメント戦となりました。

大会の特徴として、IWGPヘビー級王者はエントリーしません。優勝者にはIWGPヘビー級王座の挑戦権が与えられるようになりました。

第10回からIWGPインターコンチネンタル王者もエントリーせず、優勝者にはIWGPヘビー級王座とIWGPインターコンチネンタル王座のどちらかを選んで挑戦する権利が与えられるようになり、第11回からは、IWGPヘビー級王者・IWGPインターコンチネンタル王者・NEVER無差別級王者がエントリーせず、優勝者はこの3つのベルトのいずれかへの挑戦権が与えられるようになっていましたが、第14回以降は、王座を選べる権利制を廃止して、IWGPヘビー級王座の挑戦権が自動的に与えられるようになりました。

では、歴代優勝者を振り返ってみましょう。

新日本プロレス NJPW ライオンマーク ラグランTシャツ(ホワイト×ブラック)

価格:3,000円
(2020/9/21 09:06時点)
感想(0件)

 

スポンサーリンク

2005年優勝 棚橋弘至

出場選手:蝶野正洋、中西学、タイガーマスク、後藤洋央紀、スコット・ノートン、吉江豊、ケンドー・カシン、中邑真輔、獣神サンダー・ライガー、天山広吉、稔、西村修、柳澤龍志、金本浩二、永田裕志

2006年優勝 ジャイアント・バーナード

出場選手:ブラック・ストロング・マシン、長州力、矢野通、山本尚史、崔領二、中西学、飯塚高史、棚橋弘至、蝶野正洋、天山広吉、永田裕志、スコット・ノートン、石井智宏、真壁刀義、後藤達俊

2007年優勝 永田裕志

出場選手:ジャイアント・バーナード、中西学、真壁刀義、越中詩郎、石井智宏、長州力、蝶野正洋、トラヴィス・トムコ、飯塚高史、本間朋晃、中邑真輔、矢野通、天山広吉

2008年優勝 棚橋弘至

出場選手:ミラノコレクションA.T.、矢野通、ライノ、中西学、ジャイアント・バーナード、カール・アンダーソン、金本浩二、本間朋晃、天山広吉、石井智宏、真壁刀義、飯塚高史、後藤洋央紀、田口隆祐、獣神サンダー・ライガー

2009年優勝 後藤洋央紀

出場選手 永田裕志、飯塚高史、本間朋晃、中邑真輔、真壁刀義、ジャイアント・バーナード、カール・アンダーソン、吉江豊、中西学、石井智宏、井上亘、ミラノコレクションA.T.、矢野通

2010年優勝 後藤洋央紀

出場選手:永田裕志、真壁刀義、高橋裕二郎、井上亘、ジャイアント・バーナード、中西学、田中将斗、棚橋弘至、ストロングマン、内藤哲也、カール・アンダーソン、石井智宏、本間朋晃、矢野通

2011年優勝 永田裕志

出場選手:真壁刀義、小島聡、カール・アンダーソン、MVP、中西学、中邑真輔、高橋裕二郎、後藤洋央紀、天山広吉、飯塚高史、井上亘、矢野通、ジャイアント・バーナード、内藤哲也、田中将斗

2012年優勝・後藤洋央紀

出場選手:矢野通、小島聡、棚橋弘至、内藤哲也、天山広吉、カール・アンダーソン、MVP、中邑真輔、真壁刀義、ランス・アーチャー、永田裕志、鈴木みのる、高橋裕二郎、ラ・ソンブラ、YOSHI-HASHI

2013年優勝 オカダ・カズチカ

出場選手:真壁刀義、後藤洋央紀、天山広吉、小島聡、永田裕志、中西学、カール・アンダーソン、タマ・トンガ、中邑真輔、矢野通、石井智宏、高橋裕二郎、鈴木みのる、ランス・アーチャー、デイビーボーイ・スミスJr.

2014年優勝 中邑真輔

出場選手:真壁刀義、後藤洋央紀、内藤哲也、柴田勝頼、矢野通、石井智宏、高橋裕二郎、プリンス・デヴィット、カール・アンダーソン、ドク・ギャローズ、バッドラック・ファレ、鈴木みのる、ランス・アーチャー、デイビーボーイ・スミスJr.、シェルトン・X・ベンジャミン

2015年優勝 飯伏幸太

出場選手:棚橋弘至、矢野通、ドク・ギャローズ、内藤哲也、カール・アンダーソン、オカダ・カズチカ、バッドラック・ファレ、真壁刀義、本間朋晃、YOSHI-HASHI、高橋裕二郎、永田裕志、後藤洋央紀、小島聡、柴田勝頼

2016年優勝 内藤哲也

出場選手:棚橋弘至、バッドラック・ファレ、天山広吉、マイケル・エルガン、真壁刀義、タマ・トンガ、永田裕志、後藤洋央紀、本間朋晃、小島聡、矢野通、高橋裕二郎、石井智宏、EVIL、YOSHI-HASHI

2017年優勝・柴田勝頼

出場選手:棚橋弘至、EVIL、永田裕志、タンガ・ロア、マイケル・エルガン、バッドラック・ファレ、矢野通、タマ・トンガ、鈴木みのる、ジュース・ロビンソン、高橋裕二郎、石井智宏、ケニー・オメガ、YOSHI – HASHI 、SANADA

2018年優勝 ザック・セイバーJr.

出場選手:マイケル・エルガン、石井智宏、ジュース・ロビンソン、高橋裕二郎、棚橋弘至、タイチ、バッドラック・ファレ、ランス・アーチャー 、YOSHI – HASHI、飯伏幸太、内藤哲也、矢野通、デイビーボーイ・スミスJr.、チャッキーT、SANADA

2019年優勝 オカダ・カズチカ

出場選手:永田裕志、石井智宏、本間朋晃、タイチ、中西学、YOSHI-HASHI、ジュース・ロビンソン、チェイス・オーエンズ、マイケル・エルガン、マイキー・ニコルス、ヒクレオ、ウィル・オスプレイ、バッドラック・ファレ、トーア・ヘナーレ、ランス・アーチャー、棚橋弘至、海野翔太、天山広吉、デビッド・フィンレー、飯伏幸太、内藤哲也、EVIL、ザック・セイバー・ジュニア、真壁刀義、コルト・カバナ、矢野通、デイビーボーイ・スミス・ジュニア、小島聡、鈴木みのる、後藤洋央紀、SANADA

2020年優勝 EVIL

「ニュージャパンカップ」は、選手層が厚い新日本プロレスでの活躍のチャンスを掴むことが難しいレスラーたちが、シングルベルトの挑戦権を手に入れるためのチャンスの大会、ブレイクするステップとして位置付けされています。

ベストオブザスーパージュニア歴代優勝者と試合はどんなだった?

G1クライマックス 歴代優勝者

新日本プロレス ツールボックス グレー

新品価格
¥1,782から
(2020/12/31 14:33時点)