スポンサーリンク

ダイエット目的なら「ジョギング」と「ランニング」どちらがカロリー消費量が多い?答えは「ジョギング」です!違いと効果を紹介します。

スポンサーリンク
筋トレ

私はダイエット目的でウォーキングをしています。

だいぶ長い距離を歩けるようになったので、これからちょっと走ってみようかと思うようになりました。

「ジョギングをしよう。」

ん!?

「ランニングをしよう。」

ん!?

私がやろうと思っているのは、

「ジョギング」なのか?

「ランニング」なのか?

それともどちらも同じ意味なのか?

「ジョギング」と「ランニング」のことを深掘りしてみました。

スポンサーリンク

ジョギングとランニングは明確に違います。

ジョギングとランニングはどちらも走りますが、走る速さと目的が違うんです。

解りやすく数値的に分けると、運動強度の目安となる「METs値」という単位を使います。

METs値のことを深堀しています↓

METs(メッツ)は運動強度のことです。ダイエットの参考に計算式と強度の一覧です。

ランニングが「METs値」6.4km/h以上で、ジョギングがそれ未満の速さと言われています。

プランク、ウォーキングは器具を使わないダイエットトレーニングです!!

ジョギングとは?

ジョギングとは、

「ゆっくりとした速さで走ること」

と定義されています。

と言われてもわかりにくいですよね。

簡単に言うと、「早歩きと同じくらいの速さ」です。

もっと詳しく言うと運動中に「会話ができる」、「少し汗ばむ」くらいの速さです。適度な疲労感を味わえるのがジョギングになります。ジョギングは有酸素運動です。

「ウォーキングとちがうの?」という疑問があるかもしれません。ジョギングはウォーキングと違って少し跳ねる動きがあります。膝などに負担がかかるのも違いですね。

ジョギングにはどんな効果があるのか?

ジョギングは、有酸素運動なので、脂肪燃焼効果が期待できて、ダイエットに繋がります。

ここで注意したいのは、ダイエット目的の場合は時間をかけて体脂肪を燃焼させることが重要なので、20分~30分行わないと効果が低いです。

ジョギングをすると、心のバランスが整えられます。ホルモンの一種のセロトニンが分泌されるので心がおだやかになり、日常生活でのストレスが少なくなります。

ランニングとは?

ランニングは、マラソン大会などの競技への出場を目的とした時に行うトレーニングのメニューとなります。

一般の人なら息切れするくらいの速さです。かなり速いスピードで走ることをいいます。この運動は無酸素運動になります。

負荷が大きいのがランニングです。地面に接触していない瞬間があるのもポイントです。

ダイエット目的ならジョギングを薦めます!

ジョギングは、負荷が小さく有酸素運動で脂肪燃焼効果が高く、ダイエット向きです。

ランニングは、マラソンや長距離走などのトレーニングになるので、とても負荷が大きいです。脂肪燃焼効果を通り越して瞬発力が鍛えられます。そのためダイエット効果は得られにくいメニューです。

ダイエット目的の方は、ジョギングをしてみましょう。

人と会話できる程度の速さがポイントです。

スクワットはダイエット効果だけではなく、筋力アップにもとても効果的なトレーニングです。