スポンサーリンク

「ブレーン・バスター」のやり方と歴史と派生技。雪崩式は阿修羅・原が日本初です。

スポンサーリンク
プロレス

プロレスの試合で必ず見る技で、

「ブレーン・バスター」

があります。

和名は「脳天砕き」となります。

相手を逆さまに抱え上げて後方へ投げ、相手の背面をマットへ叩き付ける技です。始めは相手の頭部を打ちつける目的の技でした。危険なため背中から落とす現在の形になったそうです。反り投げのような形です。

名前の由来は、初期の形から来ているそうです。

昔はフィニッシュ技として使われていましたが、現在は試合の始めや中盤に出る「つなぎ技」として使われるケースが多いです。垂直落下式、雪崩式などはフィニッシュ技として使われています。

垂直落下式ブレーン・バスターは、1990年代前半に使用され始めました。「再び使われ始めた」と言う表現が正しいですね。

海外だと背面から落とす形のブレーン・バスターは、バーティカル・スープレックスと呼んで区別しているそうです。

「ボディスラム」の派生技「チョークスラム」と「パワースラム」の違いを紹介します!!

スポンサーリンク

ブレーン・バスターの歴史

技の発案者は、「キラー・カール・コックス」と言うレスラーとされています。ディック・マードックも使い手でした。2人とも頭を下にした体勢から垂直に落とすスタイルのブレーンバスターを使用していた。

相手を背中から落とす形のブレーン・バスターの発案者は「サイクロン・ネグロ」と言われています。反り投げ式は見た目が派手な割には安全であることから、広く普及したそうです。

この反り投げ式ブレーンバスターは、多くのレスラーが得意技として使用しています。

どちらのブレーン・バスターにも共通のことですが、相手に投げ返されるリスクがある技です。

ブレーン・バスターの返し技のいろいろ

相手に踏んばられ、逆にブレーンバスターを仕掛けられてしまうこともしばしば。

逃げられ方の例として、

  • 相手の片腕が空くので腹をパンチされて逃げられる。
  • 頂点まで持ち上げられたあと体を反転して脱出され、バックドロップ、ジャーマン・スープレックス、スリーパー・ホールドなどで反撃される。

などなど、これらの他にもたくさんの返し技があります。

雪崩式ブレーン・バスターを日本で初披露したのは、「阿修羅・原」です。

相手をコーナーポスト上に座らせた状態から投げる危険技です。コーナーポストの2段目から投げるものとトップロープから投げるものがあります。
スコット・アーウィンと言うレスラーが発案者とされています。海外では「スーパープレックス」と呼ばれているそうです。
日本でこの技を初めて披露したのは阿修羅・原となっています。
獣神サンダー・ライガーなどは垂直落下式を使っていました。

高速ブレーン・バスター(低空式ブレーン・バスター)

海外では「スナップ・スープレックス」と呼ばれています。相手の体を捕まえた状態から「反り投げ」のように、ブリッジするかのごとく自分の体を後方へ反らして相手をマットへ投げつけます。スピードが速く低いブリッジで投げるので相手は受身が取りづらいです。天山広吉、菊地毅などが使い手です。

滞空式ブレーンバスター

高速式とは反対に、相手を抱え上げた状態で頂点でしばらく静止し相手を投げるブレーン・バスターです。背面から投げ落とすものと垂直落下式投げ落とすものがあります。滞空時間が長いことで、相手に恐怖心を与えると同時に、受身を取るタイミングを惑わす効果があります。
小橋建太、齋藤彰俊などが使い手です。

旋回式ブレーンバスター

相手を持ち上げた後に180~360度旋回してから投げるブレーン・バスターです。

ブレーンバスターまとめ

ブレーンバスターはプロレスの試合にはなくてはならない技です。

同じブレーンバスターでも技の早さ、溜め、入り方など奥が深い技なので長く使われているんですね。

プロレスの投げ技紹介!「スープレックス系」ジャーマン・スープレックスほか