スポンサーリンク

「黒のカリスマ」蝶野正洋とKFBアナウンサー岩渕葵がコラボしたらどうなるか?

スポンサーリンク
プロレス

プロレスラー『蝶野正洋』

プロレスをあまり見たことがない人でも知ってる人は多いと思います。

プロレス以外でもバラエティ番組によく出ていますからね。

いまは蝶野の現役時代を知らない人も多くなっています。

私が中学から高校時代だったころの「プロレス界のカリスマ」でした。

なぜ今回は蝶野正洋かというと、私のイチオシの福島放送KFB岩渕葵さんの
YouTubeチャンネル「ぶっちゃんねる」であの有名入場曲

「CRASH〜戦慄〜」

をピアノ演奏したからです!

テレビ局アナウンサーが、初めて蝶野正洋と遭遇!そして入場曲をピアノ演奏↓↓


今回は「青春バタフライ」から「黒のカリスマ」に変身した蝶野正洋の紹介です!

スポンサーリンク

「STF」と「ケンカキック」

蝶野正洋の必殺技といえば、

「STF」

ですよね。

Stepover Toehold With Facelock

(ステップオーバー・トーホールド・ウィズ・フェイスロック)

の略です。



ルー・テーズの道場で指導を受けた蝶野がフィニッシュホールドとして使うようになって日本に広まりました。

そのSTFへの布石となるのが「ケンカキック」ですね。

使い始めたころは「ヤ○ザキック」と呼ばれていました。

でも、ちょっと「ヤ○ザ」という言葉はねぇ。と言うことになり「ケンカキック」となりました。

ケンカキックからのSTF。

これが決まると相手はギブアップするしかないという勝利の方程式でした。

「闘魂三銃士」

ほとんど同期で年齢も近い3人、蝶野正洋、武藤敬司、橋本真也が

「闘魂三銃士」

呼ばれていました。

新日本プロレスのトップ3でファンも多かったです。

地方巡業でメインイベントで闘魂三銃士が同じチームで出ると大熱狂でした。

「nWo」

あの時代はみんな「nWo」シャツ着てたなぁ。

nWoってNew World Orderの略です。

日本に訳すと「新世界秩序」となります。

もともとあった言葉で、第一次世界大戦後くらいから現れたワードだそうです。

1996年に登場したユニットです。

結成時のメンバーは、

「ハルク・ホーガン」

「スコット・ホール」

「ケビン・ナッシュ」

でした。

nWo旋風が瞬く間にアメリカ全土に広がり、そこから世界へ広がります。そして「nWo JAPAN」が誕生しました。一大勢力として新日本プロレスで暴れまわりました。

ビックマッチでのド派手な入場で観ているファンを虜にしていました。

蝶野正洋は、「黒のカリスマ」「黒の総帥」としてユニットのトップで戦い続けました。

蝶野正洋まとめ

「黒のカリスマ」「プロレス界のカリスマ」と呼ばれるだけあって実力をありまし
た。
「ミスターG1」「夏男」とも呼ばれ、新日本プロレスのビックイベントである「G1クライマックス」で計5回優勝しています。力技や飛び技などズバ抜けたものがあまりないように思えますが、バランスの良いプロレスラーだと思います。なので真夏の長丁場シリーズである「G1クライマックス」で戦えたんだと思います。

現在は、一般財団法人日本消防協会消防応援団、一般社団法人NWHスポーツ救命協会代表理事、ガールズ&パンツァー劇場版応援大使など、プロレス以外でも活躍しています。

※最後に、蝶野さん「さん」付けしないでごめんなさい。私の個人の意見ですので時
代考証など間違いがあるかもしれません。ご了承ください。

プロレスの「スリーパー・ホールド」と「チョーク・スリーパー・ホールド」の違いってなに?絞めるところが違うんです!