スポンサーリンク

「逆エビ固め」はなぜ「ボストンクラブ」と呼ばれるのか?名前の由来と派生技の紹介!

スポンサーリンク
プロレス

プロレスの試合の中で欠かせないのが

「逆エビ固め」

系の技です。

逆エビ固め、逆片エビ固め、サソリ固め、テキサス・クローバー・ホールドなどなど。。。

たくさんあります。

逆エビ固め系は、相手の腰や足にダメージを与える理にかなっている素晴らしい技です。

体重を腰に乗っけるので、掛けるほうの体重があればあるほどダメージを与えることが出来ます。

この技の攻防はとても見応えがあります。まず、相手をひっくりかえせるかの攻防、そして相手をひっくりかえしたら両足または片足を抱え込んでどっしり腰を落とす。掛けられた相手は何とかしてロープまで這いつくばってロープブレイクします。

レスラーが頑張ってロープにエスケープする姿は、

「何とかして返してやろう」

という意地が、見ているファンを感動させたり興奮させたりします。

この「逆エビ固め」、

英語では「ボストンクラブ」となります。

日本のプロレスの草創期から使われている歴史のある技です。

レジェンドである力道山がアメリカ武者修行中に敗れた3人のうちの1人「タム・ライス」が必殺技として使っていました。

この技が注目を浴び始めたきっかっけは、1985年にスタン・ハンセンがリック・マーテルを撃破して「AWA世界ヘビー級王座」を奪取したことからでした。

近年のアメリカマットでは、クリス・ジェリコが「ウォール・オブ・ジェリコ(ジェリコの壁)」として使い再び注目を浴びました。技の名前は、ジェリコが好きなロックンバンド「ハロウィン」が発売したアルバムのタイトル「ウォールズ・オブ・ジェリコ」から来ている説があります。

今回は、「逆エビ固め系」の技について深堀します!

あわせて読みたい↓

プロレスの投げ技紹介!「ドライバー系」「ボム系」パイルドライバー、パワーボムほか

スポンサーリンク

逆エビ固め(ボストンクラブ)

新日本プロレスでは、ヤングライオンの試合でよく見られ、基本技とされています。

まだ体力や技術があまり付いていない若手のレスラーの決まり手となることが多いです。

これは、基本的な技術が必要だからですね。

ヤングライオンの試合ではこの技をフィニッシュにして勝利できるかが試合の醍醐味になっています。

「逆エビ固め」と「ボストンクラブ」は同じ技を指します。

実は昔、フォール技の「エビ固め=ボストンクラブ」でした。そうなると、逆エビ固めは「リバース・ボストンクラブ」となるわけです。しかしいつしか逆エビ固めをボストンクラブと呼ぶようになりました。

「ボストンクラブ」の名前の由来

「ボストンクラブ」の名前の由来は、ボストンはアメリカのボストン港を指します。

ボストンに由来のあるレスラーが得意としていてたようです。

クラブ(Crab)は、大きなハサミを持つエビなどを指します。

掛けられた相手の両足の形がハサミに見えるからですね。

逆片エビ固め(ハーフボストンクラブ)

相手の片足だけを抱えて相手を逆エビに反らせる技です。

相手の片足を極める逆片エビ固めは、

「ハーフ・ボストンクラブ」

「シングル・ボストンクラブ」

と呼ばれます。

ボストンクラブの歴史からすると

「リバース・ハーフ・ボストンクラブ」

となりますかね。

相手の肩足だけを両腕で抱えるので力を足一本に集中できますが、相手は両腕と片足を使えるのでロープに逃げやすくなります。

テキサス・クローバー・ホールド(四葉固め)

近年では棚橋弘至が使い手です。

棚橋がこの技を披露すると試合が盛り上がります。相手に大ダメージを与えるだけではなく、「魅せる技」としてこの技は私個人的に好きです!

日本名「四葉固め」とも呼ばれます。テリー・ファンクが世に広めました。

形としては、相手の足を交差させ自分の両腕のみで足を固める変形のサソリ固めです。

この技の使い手は多いです。棚橋弘至やディーン・マレンコなどのほか、アニメではキン肉マンに出てくるテリーマンがいます。

スコーピオン・デスロック(サソリ固め)

レジェンドレスラー「革命戦士長州力」の必殺技です。

長州引退後の現在では、EVILが使い手として知られています。EVILは試合の最後には反則で勝ったり負けたりしてしまいますが、試合の中で見せるサソリ固めは一見の価値ありです。EVILのような下半身のしっかりしたレスラーがどっしりと腰を落として使うと説得力があります。

トライアングル・スコーピオン(三角式サソリ固め)

日本名「三角式サソリ固め」、「サソリ式地獄固め」と呼ばれます。

名前の通り、クロスした相手の足を自分の足でロックします。この技の特徴は、「クラッチする股の深さで相手へのダメージを調節できる技」なんです。

「稲妻 木村健吾」の得意技でした。

サソリ固め(スコーピオンデスロック)の変形技という位置です。

でも個性的な技過ぎて現在で使うレスラーはあまり見ません。

個人的には好きなんですがね。

逆エビ固め まとめ

以前、小中学校でプロレスごっこが流行っていたころ、ボストンクラブによる窒息で亡くなった事件もあったので遊び半分で真似してはいけません。

極限まで体を鍛えたプロレスラーだから耐えられるんです!!

この技の醍醐味はたくさんあります。

技を完成させるまでの攻防、技が完成してからの体重のかけかた、ロープまで逃げる攻防。

ひとつの技でレスラーの天国(ロープエスケイプ)と地獄(ギブアップ)の両方が味わえる技なんてなかなかないですね。

投げ技が気になる方はコチラから↓↓

プロレスの投げ技紹介!「スープレックス系」ジャーマン・スープレックスほか

番外編「キャメルクラッチ」

「ボストンクラブ」は、相手の腰に乗って下半身を攻める技ですが、「キャメルクラッチ」は相手の腰に乗って上半身を攻める技になります。古くから使われている技です。

キャメルクラッチはプロレス技のなかでは有名な技です。

40~50歳代の人たちは「キン肉マン」での「ラーメンマンVSブロッケンマン」でキャメルクラッチの恐ろしさを覚えている人が多いと思います。

ラーメンマンが、キャメルクラッチでブロッケンマンの背骨を折り、体を捏ねてラーメンにしてしまうというバイオレンスな試合でした。この時のラーメンマンは残虐過ぎました。

この「キャメルクラッチ」女性プロレスラーが使うことが多いです。体が柔らかいので掛けられるほうのレスラーの反り具合がエグいです。

「キャメルクラッチ」名前の由来

「キャメルクラッチ」は、英語でキャメル(camel)=らくだのことです。ですので、日本名では「らくだ固め」、「馬乗り固め」などと言われます。「らくだ固め」が一般的に知られていますね。
メキシコだと「カバージョ」と呼ばれます。

「キャメルクラッチ」の派生技

極楽固め

新崎人生の考案したオリジナル技です。相手の両腕を相手の首の前に交差させてキャメルクラッチの形に入る技です。掛けられたほうは両腕が使えなくなるのでロープブレイクも難しく逃げるのが大変です。

相手の首を絞める技を知りたい方はコチラ↓↓

「マネークリップ」と「アナコンダ・バイス」は「コブラクラッチ」の派生技です。