スポンサーリンク

全日本プロレスの至宝『三冠ヘビー級王座』の歴代戴冠者

スポンサーリンク
プロレス

友達から興奮する画像が送られてきた。

この3本のベルト


 

プロレス好きの人はわかりますよね。

そうです。

   「三冠ヘビー級王座」

のベルトたちです。

全日本プロレスで壮絶な奪いあいが行われているベルトたちです。

 


【メール便対応】スタンハンセン×Count2.9 初来日記念Ver. Tシャツ (ブラック)

スポンサーリンク

インターナショナル・ヘビー級王座

力道山が創設した日本プロレスで、力道山とジャイアント馬場が持っていたベルトです。

ユナイテッド・ナショナル・ヘビー級王座(UN王座)

日本プロレスでアントニオ猪木、坂口征二が腰に巻いていたチャンピオンベルトです。

日本プロレスが崩壊したので、インターナショナル・ヘビー級王座、ユナイテッド・ナショナル・ヘビー級王座(UN王座)は全日本プロレスが受け継ぐこととなった。

PWFヘビー級王座

ジャイアント馬場が全日本プロレスを旗揚げした際に、力道山家から初代インターナショナル・ヘビー級王座のベルトを寄贈されたことを受け、世界ヘビー級王座として新設されたものです。

 

この3つのチャンピオンベルトをひとつにまとめて統一王座にしたんです。

ある意味、ひとつのベルトですね。

初代三冠統一王者になったのは、あのジャンボ鶴田です。1989年のことでした。

三冠ヘビー級王座歴代戴冠者

1989年

初代 ジャンボ鶴田

第2代 天龍源一郎

第3代 ジャンボ鶴田

1990年

第4代 テリー・ゴディ

第5代 スタン・ハンセン

第6代 テリー・ゴディ

第7代 スタン・ハンセン

1991年

第8代 ジャンボ鶴田

1992年

第9代 スタン・ハンセン

第10代 三沢光晴

1994年

第11代 スティーブ・ウィリアムス

第12代 川田利明

1995年

第13代 スタン・ハンセン

第14代 三沢光晴

1996年

第15代 田上明

第16代 小橋健太

1997年

第17代 三沢光晴

1998年

第18第 川田利明

第19代 小橋健太

第20代 三沢光晴

1999年

第21代 川田利明

第22代 ベイダー

第23代 三沢光晴

第24代 ベイダー

2000年

第25代 小橋健太

第26代 天龍源一郎

2001年

第27代 武藤敬司

2002年

第28代 川田利明

第29代 天龍源一郎

第30代 グレート・ムタ

2003年

第31代 橋本真也

第32代 川田利明

2005年

第33代 小島聡

2006年

第34代 太陽ケア

第35代 鈴木みのる

2007年

第36代 佐々木健介

2008年

第37代 諏訪魔

第38代 グレート・ムタ

2009年

第39代 高山善廣

第40代 小島聡

2010年

第41代 浜亮太

第42代 鈴木みのる

第43代 諏訪魔

2011年

第44代 秋山準

2012年

第45代 船木誠勝

2013年

第46代 諏訪魔

第47代 曙

2014年

第48代 大森隆男

第49代 諏訪魔

第50代 ジョー・ドーリング

2015年

第51代 潮崎豪

第52代 曙

第53代 秋山準

2016年

第54代 諏訪魔

第55代 宮原健斗

2017年

第56代 石川修司

第57代 宮原健斗

第58代 諏訪魔

第59代 ジョー・ドーリング

2018年

第60代 宮原健斗

第61代 ゼウス

第62代 宮原健斗

2020年

第63代 諏訪魔

 

最多戴冠記録 7回 諏訪魔

最多連続防衛記録 10回 川田利明(32代)・宮原健斗(62代)

最多通算防衛記録 21回 三沢光晴

 

G1クライマックス 歴代優勝者