スポンサーリンク

【ツープラトン攻撃】ってどんな技があるの?技の歴史からわかりやすく説明します!

スポンサーリンク
プロレス

こんにちは!kamikamiです!

プロレス観戦初心者の素朴な疑問。

どのような技を「ツープラトン」と呼ぶのか?

試合中、相手1人に2人がかりで攻撃している時に使われる言葉ですね。

2人がかりで攻撃しているから「ツー」は2人の「2」でわかるけど、「プラトン」ってなに?

ってなると思います。

「ツープラトン」の大きな定義は

「ツープラトンとは複数で相手を攻撃すること」

です。

最近は、「ツープラトン○○」などと実況することはあまりなくなりました。ツープラトン技にそれぞれ技名が付けられているからです。なので実況では技名で説明されます。

例えば、新日本プロレスの後藤洋央紀とYOSHI-HASHIのタッグチーム毘沙門がやるツープラトン攻撃「消灯」であったり、TJPとフランシスコ・アキラのツープラトン攻撃「アリウープ」、少し前になるとロード・ウォリアーズの「ダブル・インパクト」、スタイナー・ブラザーズの「合体ブルドッキング・ヘッドロック」などなど技名がそれぞれ付けられています。

今回は、

「ツープラトン攻撃とは?」

「ツープラトン攻撃の技の歴史」

「ツープラトン攻撃のいろいろ」

をプロレス観戦初心者の方にもわかりやすく紹介していきます。

スポンサーリンク

「ツープラトン攻撃」どんな意味があるのか?

ツープラトン攻撃とは、タッグマッチなどで見られます。

自チームの2人(2人以上の時もある)が同時に相手1人に攻撃することです。

言葉の意味を見ていきましょう。

「プラトーン」は英語で「Platoon」となり『歩兵や警察の小隊、集団、グループ』という意味になります。

このことから

「ツープラトン」とは英語で「Two Platoons」となり

『2個の小隊』

という意味になります。

「ツープラトン」は、アメリカン・フットボールや野球でも使われる用語です。野球の場合は『同じポジションを異なる選手が交代で務めること』の意味として使われます。日本ではあまり耳馴染みがないですね。

「プラトーン」という有名なベトナム戦争映画がありました。言葉の意味を知るとタイトルも納得です。

「ツープラトン攻撃」は反則なのか?

この「ツープラトン攻撃」は反則か否か?

多くのプロレス団体のルールでは、

「ツープラトン攻撃は反則」

となっています。

理由は、試合権利のない選手はリングに入れないのがルールだからです。

ですが、ここがプロレスの面白いところで、

「反則は5カウント以内なら許される」

というルールがあるところがほとんどなので、ツープラトン攻撃1回で反則負けになるようなことはありません。

「ツープラトン攻撃」は、相手を1人にしなければならないので、もう1人を場外に追いやるか、グロッキーにさせなければなりません。

「ツープラトン攻撃」技の歴史

「ツープラトン攻撃」の歴史を見ていくと、技の難易度が進化しているということがわかります。

1980年代ごろ

アントニオ猪木やジャイアント馬場、長州力やジャンボ鶴田、天龍源一郎、藤波辰爾などが活躍していた時代のツープラトン攻撃の多くは、

走ってくる相手へのカウンターで仕掛ける打撃技であるダブルエルボーパッドやダブルチョップ。

2人がかりで相手を掛け上げるバックドロップ。

2人がかりで相手を掛け上げるブレーン・バスター。

出典:Wikipedia

2人同時にジャンプして仕掛けるドロップキック。

出典:Wikipedia

1人が相手をパイルドライバーの体勢で持ち上げ、もう1人がセカンドロープやトップロープに登り相手の脚を掴みながら下方向に力を加えパイルドライバーの威力を増幅させる「ハイジャック・パイルドライバー」。

などなど。

とてもシンプルなツープラトン攻撃が使われていました。

シンプルではありますが、体の大きいプロレスラーがやるととても見栄えがよかったです。

1990年代ごろ

新日本プロレスの闘魂三銃士や全日本プロレスの四天王などが活躍していた時代には、ザ・ロード・ウォリアーズの「ダブル・インパクト」(1980年代に開発はされていました)やスタイナー・ブラザーズの「合体ブルドッキング・ヘッドロック」のように派手なツープラトン攻撃が開発されていきました。

相手を肩車してもう1人がトップロープから技(ラリアットやクローズ・ライン、ドロップキック、ブルドッキング・ヘッドロックなど)を仕掛け、より高い所から相手を落とす技が多かったです。

2000年代ごろ

平成中期から令和時代だと、お互いの必殺技を組み合わせた技が開発されていきました。

橋本真也と小川直也の「俺ごと刈れ」

出典:Yahoo!知恵袋

2010年ごろ~

後藤洋央紀とYOSHI-HASHIの「消灯」、グレート-O-カーンとジェフ・コブの「大空スバル式日羊殺し・フブキ」などなど。

技の名前だけ聞くと何の技なのか全くイメージがつきませんね。

「大空スバル式日羊殺し・フブキ」は、グレート-O-カーンが「大空スバル式羊殺し」、ジェフ・コブが「クロス・ヒール・ホールド」を同時に決めます。打撃や投げではなくツープラトン関節技ですね。

「サンドイッチ式」

「ツープラトン攻撃」には、相手と向き合って2人で繰り出す技だけではなく、「サンドイッチ式」というものもあります。

相手の前後から挟むように同時に打撃などを浴びせる攻撃です。

前後からラリアットで挟む「サンドイッチ・ラリアット」。

前後からキックで挟む「サンドイッチ・キック」

など打撃系で相手を挟む攻撃が多いです。

最近ですと、2023年1月5日には、オカダ・カズチカとケニー・オメガが夢のタッグを組み、オカダは「レイン・メーカー」、オメガは「Vトリガー」で対戦相手のアーロン・ヘナーレを挟んだサンドイッチ技がありました。

「ツープラトン攻撃」まとめ

その時代時代でさまざまな「ツープラトン攻撃」が開発されました。

昭和の時代に良く見られた「ハイジャック・パイルドライバー」は、パイルドライバーを上からさらに力を加えて威力を増幅させる技です。複雑な連携ではなくシンプルなツープラトン攻撃ですが威力はさることながら見た目も華やかでした。

「ダブル・インパクト」は、相手を高い所から打撃とともに落として威力を増幅させる技です。見ているファンを絶望的にさせる破壊力でした。

「消灯」などは、2つの技を合体させてダメージを増幅させる技です。技と技の組み合わせなのでバリエーションが無限大です。

レスラーは創意工夫を重ね、その時代のファンを熱狂させてきました。

このように、これからも「ツープラトン攻撃」は進化していくでしょう!

もっとプロレス技について知りたい方はコチラ↓↓

【プロレス技】名前の由来調べるととても面白いです!プロレス観戦初心者にもわかりやすく紹介します!