スポンサーリンク

早く運転免許を取得したいなら「合宿免許」をおすすめします!費用はどのくらい?

スポンサーリンク
仕事

こんにちは!kamikamiです。

多くの人が持っている資格に

「自動車運転免許」

があります。

新社会人だけではなくても、早く免許を取りたい人は多いと思います。

そんな人には

「合宿免許」

がおススメです。

短期集中で運転免許の講習を受けるものです。「合宿免許」は昔からあります。

近年また流行りつつあります。

理由は、

「低料金」

「短期間」

「楽しく快適」

好きな教習所で運転免許取得に向けた教習を受けることができるからです。

今回は、

「合宿免許」を詳しく紹介します!

スポンサーリンク

運転免許の通常の講習間は?

運転免許とは、自動車学校に通学して学習します。

空いた時間に通学するのが基本になるので、免許を取得するのに最短で1ヶ月ほどかかります。あくまでも最短なので実際3ヶ月ほどかかる人もいます。

「合宿免許」とは

「合宿免許」とはどんなものでしょうか?

合宿所に宿泊しながら運転免許取得を目指すのが「合宿免許」です。

指定の自動車教習所が用意した尞やホテルなどに宿泊し、決められたカリキュラムを集中的に受講します。

最短で2週間で終了することもできるのが魅力です。

「合宿免許」にかかる費用はどのくらい?

教習費用、宿泊費用、食費などがすべて含まれたパック料金になっている場合がほとんどです。

もちろん、教習内容は通学の場合と変わりません。

教習所に通学する場合は免許の取得費用だけで、通常は25万~30万円ほどかかります。

合宿免許の場合は、20万~30万円くらいで抑えられます。

遠方からも入校できるように交通費補助が受けられる場合もあります。

「合宿免許」の受講期間は?

通学では2か月から3か月かかる教習も、合宿だと取得する免許によりますが、2週間から3週間ですべての教習を終えられます。

週に1回の休校日を設けている教習所の場合、必ず2回の休校日があるため、最短16日での取得になります。

休日以外の毎日、学科と実技の教習が数コマずつあるのが一般的です。

「合宿免許」のメリット

「合宿免許」で講習を受けることのメリットは以下のようなことがあります。

短期間、低コストで免許が取得できる。

時期によって費用は変わりますが、人気時期を避ければ低予算で受講することも可能です。時期や地域によっては、教習料金が5万円~10万円くらい安いこともあります。

合宿費用には教習料金、宿泊費用、交通費補助、追加補償などが含まれている為、通学と比べるとかなり費用を抑えることが出来ます。

効率的なスケジュールを提案してくれる。

効率的に教習に集中できるのも大きなメリットです。

通常の通学では予約が取れずに教習の間隔が空くことが多々あります。これは大きな違いになります。

「AT免許」は、最短14日間で卒業できますので、短期間で卒業したいしたい人にはおススメです。

小旅行気分で行ける。

入校する地域を選べば、軽い旅行気分になります。

夏であれば海水浴が出来る地域、冬であればウィンタースポーツが楽しめそうな場所を選ぶことが出来ます。遊園地や娯楽施設が近い場所を選ぶと教習を受けながら休日を楽しむことが出来ます。

新しい出会いも期待できます。

これは、いろいろな出会いを求めている人にはおススメですね。


「合宿免許」のデメリット

「合宿免許」で講習を受けることのデメリットは以下のようなことがあります。

合宿に参加する場合は最低2週間のまとまった時間が必要となる。

仕事やアルバイトを長期で休む必要があります。

自由時間がほとんどない。

予約のタイミングが遅いと希望日に入校出来ない場合もあります。

※希望よりも高いプランしか残ってない場合もあります。

「合宿免許プラン」のチェック事項

「合宿免許プラン」を検討する場合には以下の項目をチェックしてみましょう。

  • 食事は3食付くか?
  • 往復の交通費の補助はあるか?金額に上限はあるか?
  • 教習や検定試験を追加で受けなければならない時、追加の支払いが発生するか?

現在の合宿コースにはいろいろなものがあります

現在の「合宿コース」は、宿泊にいろいろなバリエーションがあります。

夏割コース

新卒があまりいない夏の時期に申し込むとお得になるコースです。

自炊&食事フリーコース

予算を抑えたい人にオススメです。

宿泊ホテルに冷蔵庫や電子レンジ、調理器具などが完備されています。

ひとりコース

宿泊部屋が個室でのんびりできます。

グループコース

みんなでわいわい過ごしながらがいい人におすすめです。2~6人部屋です。

ツインコース

仲の良い友達と2人きりで宿泊するコースです。

「合宿免許」まとめ

みなさんご存じの通り、合宿終了後は、通学と同じで、運転免許センター・試験会場で本試験を受験します。

「通学」にするか「合宿免許」にするか、ライフスタイルに合わせた選択を検討してみてはいかがでしょうか?