スポンサーリンク

【薄毛(AGA)】の予防、改善には「有酸素運動」が効果的です!理由を紹介します!

スポンサーリンク
ライフスタイル

こんにちは!kamikamiです。

私は現在、40代真っ盛りなのですが、この歳になるとどうしてもいろいろな体の異変が現われます。

特に

髪の毛

なんか白髪が増えたなぁ、なんか最近髪の毛が細くなったような……。

地肌が見えるほど薄くはなってないのですがなんか細くなってる。

細くなってる。。。

間違いないんです。

この歳になると、友達のなかには、前頭部、頭頂部の地肌が見えてる人も(´;ω;`)

「薄毛」これは単純に「加齢」のせいなのか?

または、よく言われる「遺伝」のせいなのか?

気になりますよね。

気になっているみなさんに朗報です!

薄毛って改善法があるんです。

薄毛の進行を遅くすることが出来るかも知れないんです。

具体的な方法は、それは

「食生活の見直し」「シャンプーの見直し」そして「運動すること」

なんです!

「運動」

が出てくるとは思いませんよね。

ウォーキングやジョギングなどの「有酸素運動」が薄毛の改善に効果ありなんです!

今回は、

なぜ薄毛になるのか?

なぜ有酸素運動が薄毛の予防に効果があるのか?

理由を紹介していきます!

運動と併せておススメのアイテムがあります↓↓

スポンサーリンク

「毛」とは?

「毛」ってそもそもなんで必要なんでしょうか?

調べました!

髪の毛の役割

頭を直射日光や暑さ寒さから守ったり、外界からの衝撃から頭を守るクッションの役割もあります。

「毛」って皮膚の付属品なんです!

毛根のもっとも深い部分を「毛球」といい、毛球の下端の凹んでいる部分を「毛乳頭」といいます。

毛乳頭に毛細血管が入り込み毛母細胞に栄養を運んでいます。

毛根を鞘状に包んでいる「毛包」は、「立毛筋」と「皮脂腺」がつながっています。

立毛頭は、気温や感情の変化などの刺激により収縮し、毛穴が隆起する立毛反射(鳥肌)が生じます。

「毛」はどうやって形成されるのか

毛母細胞の細胞分裂によりできた細胞が次々に押し上げられ、次第に角化(表皮の細胞が死んで角質細胞となる過程)して毛が形成されます。毛母細胞の間にはメラノサイトが分布していて、産生されたメラニン色素が毛母細胞に渡されますが、そのメラニン色素の量によって毛の色が決まります。

参考資料:登録販売者速習テキスト&重要過去問題集 第2版

「毛」の「ヘアサイクル」

体毛はずっと伸び続けるというわけではありません。成長してあるていどで抜け落ち、同じ毛根からまた新しい毛が生えてくるんです。

これが「ヘアサイクル」と呼ばれます。

ヘアサイクルは3期に分けられます。

  • 成長期
  • 移行期
  • 休止期

です。

このサイクルが乱れると薄毛になっていくんですね。

「薄毛」とは?

薄毛の定義は?

薄毛の定義

「薄毛とはどんな状態か?」

と言われるとこういう定義になります。

髪の毛の量が減って頭皮が見えてしまう状態のこと

になります。

毛の本数は変わらないが毛が細くなってしまい頭皮が見えてしまうケースと、毛が抜け落ちて毛の本数自体が減ってしまい頭皮が見えてしまうケースがあります。(病的な抜け毛の場合もあります。)

「薄毛」になる原因はなんでしょうか?

薄毛なる原因には多くのことが考えられます。

  • 血流が悪くなり栄養が毛に行かなくなり成長の妨げになって毛が抜けやすくなってしまう。
  • 男性ホルモンの乱れで毛乳頭細胞の分裂が抑えられ新しい毛が生えてこない。
  • 皮脂が毛穴に詰まり毛の成長が妨げられる。

などなど

しかし、絶対にこれが原因だというものはありません。

「薄毛」の対策は?

薄毛にならないための身近な対策として挙げられるのは、

  • 食生活の見直し
  • シャンプーのやり方の見直し
  • 運動をすること

です。

普段の食生活で毛を作るのに必要な栄養素をしっかり摂取してみましょう。

毛の産生に必要な栄養素

タンパク質

肉や魚、大豆など

ビタミンB

豚肩ロース、たらこ、鰻など

ビタミンC

ビタミンE

亜鉛

などになります。

シャンプーのやり方、使うものを見直す

シャンプーは自分に合ったものを使用し、洗髪の後は必ずドライヤーで頭皮を乾かしましょう。

洗髪時は頭皮をマッサージしながら洗いましょう。マッサージによって頭皮の血行が良くなります。

参考:第一三共ヘルスケアHP

運動不足が薄毛の原因に!

「運動不足」は、メタボなどだけではなく髪の毛にも良くないようです。

予防として、ウォーキングやジョギング、ヨガなどの「有酸素運動」が効果的です!取り入れてみましょう。

「有酸素運動」をすることによって得られる効果

  • 血行が良くなる
  • 代謝が活性化する
  • 自律神経が整う

これが髪の毛に良い影響を与えるんです。

運動をすることによって、加齢とともに衰退する基礎代謝を改善することが可能です。

要するに、

「筋肉に適度な刺激を与えることが大事」

なんですね。

また、筋トレなどの「無酸素運動」を併せて行うと効果的です。

無酸素運動は週1回くらいのペースでよいです。

無酸素運動は、薄毛を進行させてしまう

という説が都市伝説のように語られる場合があります。

なぜこのような説が囁かれるのか?

筋トレで傷ついた筋肉を回復するために必要なタンパク質が筋肉のほうにばかり供給され、髪の毛にタンパク質が行きにくくなるという説があるからです。

これはタンパク質などの栄養素を食事できちんと摂取していれば問題ないと言われています。

筋トレは、全身の血行を良くするのに効果的なのです。

「薄毛」の進行を抑制するには まとめ

薄毛の進行を遅くする対策として、以下のことが大切です。

  1. 食生活の見直し
  2. シャンプーの仕方の見直し
  3. 適度な有酸素運動

が挙げられます。

必要な栄養素を摂取しながら有酸素運動を取り入れて血行を良くすることが大事なんですね。

有酸素運動についてもっと知りたい方はコチラ↓↓

ダイエット目的なら「ジョギング」と「ランニング」どちらがカロリー消費量が多い?答えは「ジョギング」です!違いと効果を紹介します。