スポンサーリンク

プロレスの飛び技「プランチャ」ってどんな技なのか?派生技も紹介します!!

スポンサーリンク
プロレス

プロレスの試合で盛り上がる飛び技、

「プランチャ」

飛び技で大技であるこの技が繰り出されると、

試合が盛り上がります。

試合の序盤や中盤で試合の流れを決定づけたり、劣勢だった流れを引き戻したりできる大技です。

どういう技をプランチャというのか?

今回はこの『プランチャ』を紹介します!!

スポンサーリンク

「プランチャ」はどんな技?

「プランチャ」は、正確には「プランチャ・スイシーダ」と言います。

場外にいる相手に向かってトップロープを飛び越えて体当たりする技です。

相手に体全体をぶつけていく技です。
腹から相手に降っていく感じです。

「ダイビング・ボディ・アタック」

のような形ですね。

発祥は、「ルチャリブレ」と言われています。

「ルチャリブレ」についてはこちら↓↓

メキシコの「ルチャリブレ」ルチャは「闘う」リブレは「自由」という意味です。

進化系として、

「ノータッチ・プランチャ・スイシーダ」

(トップロープに触れずにトップロープを越えて場外へ飛んでいく)

という大技を使うレスラーもいます。

「スイシーダ」は、スペイン語で「自殺者」という意味があります。場外に飛んでいくのでその無鉄砲さから来ているんですね。

「プランチャ」の派生技

トルニージョ

ラ・ケブラーダ

が代表的ですが、まだまだあります。

「トペ・スイシーダ」との違いは?

場外へ飛んでいく技で「トペ・スイシーダ」という技があります。同じ「スイシーダ」が付きます。違いはロープとロープの間をくぐって場外に飛んでいくのが「トペ・スイシーダ」なんです。

「トペ・コン・ヒーロ」との違いは?

よく似た技で、「トペ・コン・ヒーロ」があります。どちらもロープを越えて相手にぶつかっていく技です。シンプルに見分け方を紹介します。

「プランチャ・スイシーダ」と「トペ・コン・ヒーロ」との決定的な違いは、

相手に自分の体のどこから当たっていくか

です。

「トペ・コン・ヒーロ」は、場外の相手に向かってトップロープを越えて体を前転させながらダイブして相手に当たっていきます。なので背中を相手に当てていく技なんです。ロープを掴んでダイブするパターンとロープを掴まない「ノー・タッチ」のパターンがあります。

「プランチャ」 まとめ

「プランチャ」は「プランチャ・スイシーダ」が正式な名前です。

「プランチャ」とは、相手に覆いかぶさるように飛んでいく「ボディ・アタック」などの技の総称です。

最近の使い手は、棚橋弘至やSANADAです。

棚橋は、コーナーポスト最上段から場外へ飛んでいくプランチャを大一番の試合で繰り出します。相手に当たる最後まで体勢を崩さず飛んでいくことで威力を最大限に引き出しています。

SANADAは、トップロープの反動を大きくつけて飛び、空中でまた反動をつけて相手に当たっていきます。

同じ「プランチャ」という技でも、どこから飛ぶのか、空中での体勢などなどレスラーによって違います。この違いも気にしてみるともっとプロレス観戦が楽しめますよ!

もっと深掘りしたい方はコチラ↓↓

「トぺ・コン・ヒーロ」と「トぺ・スイシーダ」の違いは?名前の由来は?

「ドラゴン・スクリュー」使い手は武藤敬司、棚橋弘至です。かけ方と派生技も紹介します!