スポンサーリンク

「みちのくドライバーⅡ」と「ファルコンアロー」ってどう違うの?名前の由来と使い手を紹介します!!

スポンサーリンク
プロレス

今回も「この技とこの技は似てるけどどう違うの?」特集です。

ある日、プロレスをいっしょに見ていた奥さんからの質問、

「みちのくドライバーⅡ」と「ファルコンアロー」ってどう違うの?

使う人が違うから呼び方が違うの?

確かに。。。。。

そうですよね。

「みちのくドライバーⅡ」

「ファルコンアロー」

プロレス観戦初心者の人には似た技に見えますよね。

なぜ似たように見えるか。。。。

理由は、このふたつの技は、

フィニッシュの体勢が似てる

ということからなんです。

でも、このふたつの技には大きく違う点があるんです。

それは、

『技に入る体勢』

だったんです。

今回は、「みちのくドライバーⅡ」と「ファルコンアロー」の違いについて紹介します!

 

その他の似た技の違いについてはこちら↓↓

アルゼンチン・バックブリーカーとカナディアン・バックブリーカーの違いと名前の由来、使い手といろんなバックブリーカー紹介!

スポンサーリンク

みちのくドライバーⅡとは

出典:週刊プロレス

「みちのくドライバーⅡ」は、相手をボディスラムの要領で抱え上げ、開脚しながらシットダウン式に自分の両足の間に相手を背中から落とす技です。

ボディスラムの体勢から繰り出すので、高さはないんですが技を仕掛けるまでのスピードがあるので相手に有効なダメージを与えることができます。

出典:youtube.com

みちのくドライバーⅡの名前の由来

開発者の「TAKAみちのく」の名前から名づけられました。

開発当初にTAKAみちのくが使っていた「みちのくドライバー」が堀田祐美子の「ピラミッドドライバー」と同じ形だったことから、新たに「みちのくドライバーⅡ」を開発しました。

※ピラミッドドライバーについては別の回で紹介します。

なので「Ⅱ」が付くんですね。

ちなみに、私たちプロレスファンのあいだでは、「みちドラ」と言っています。

みちのくドライバーⅡの使い手

TAKAみちのくのほかにも、みちのくドライバーⅡの使い手はたくさんいます。

型は同じでもオリジナルの技名をつけて使用しています。

ザック・セイバー・Jrは「ザック・ドライバー」

ACHは「ミッドナイト・ドライバー」

ドクトル・ワグナー・Jrは「ワグナー・ドライバー」

という感じで名前を付けて使っています。

多くのレスラーが使うと言うことは、有効な技だと考えられているからですね。

WWEの試合でも、「MICHINOKU」や「みちのくドライバー」と実況されているんです。

日本発祥の技だと言うことがわかりますね。

ファルコンアローとは

出典:週刊プロレスmobile

「ファルコンアロー」とは、相手をブレーンバスターの要領で垂直に持ち上げて、開脚しながらシットダウン式に自分の両足の間に相手を背中から落とす技です。

落下させる高さがあるので、決まると相手に大きなダメージを与えることができます。


出典:youtube.com

ファルコンアローの名前の由来

名前の由来は、開発者であるFMWのレジェンドレスラー「ハヤブサ」で、

「ハヤブサ」=「ファルコン(falcon)」

で、この技の名前になりました。

「ハヤブサ」の英語名「falcon」はラテン語の「falco」に由来しています。

ファルコンアローの使い手

使い手は多くいます。

ハヤブサ

金本浩二

KENTA

舞華

などなど

開発者のハヤブサは垂直落下式や旋回式で使うこともあったそうです。

まとめ

今回のテーマ

「みちのくドライバーⅡ」と「ファルコンアロー」の違い。

をまとめると。

このふたつの技の大きな違いは、

『技に入る体勢』

だったんです。

「みちのくドライバーⅡ」は、相手をボディスラムの入り方で抱えて相手を背中から前に落とす。

「ファルコンアロー」は、相手をブレーンバスターの入り方で抱え上げて相手を背中から前に落とす。

となります。

どちらの技も相手に大ダメージを与える技には違いないです。

この違いを意識して観戦すると、もっとプロレス観戦が楽しくなりますよ!!

※私個人の見解で紹介しました。諸説あるとある思いますのでご了承ください。

あわせて読みたい↓↓

「フランケンシュタイナー」と「ウラカン・ラナ」の違いと歴史と使い手