スポンサーリンク

体が硬くなるのは年齢のせいではありません。硬くなる理由と体を柔らかくする方法「ストレッチ」と「ヨガ」を紹介します。

スポンサーリンク
未分類

もともと体が硬かったのに今はもっと体が硬くなってしまっている人って結構いませんか?

私はもともと体が硬いほうでした。

今は体がガチガチに硬いです。

体が硬くなる原因は年齢は関係なく、男性女性関係なく、日ごろの

「運動不足」が原因

なんです。

勉強している10代の受験生や、仕事でデスクワークが多い人、仕事で1日中車の運転をしている人などと運動を続けている60代を比べると、60代の人のほうが体が柔らかいことも多くあるそうです。

私なんかは、「体が硬いのは生まれつきだし」と諦めが入ってました。同じような考えの人いませんか?

これは恥ずかしながら間違った思い込みでした。

考えてみてください。

赤ちゃんや幼児を観察すると体柔らかくないですか?

体が硬くなるって、

その後の生活での運動不足によって体が硬くなっていってしまうんですね。

筋肉は使っていないとどんどん硬直して、結果的に体が硬くなってしまうんですね。

体の柔軟性を高めるには、筋肉や関節を可動域一杯に使うことです、

普通の人は生活していて関節を可動域一杯まで体を動かすことはほとんどないですね。

体操選手が体が柔らかいのは、子供の頃からずっと可動域ぎりぎりまで柔軟体操を続けているからなんです。

体が硬いとメリットよりもデメリットのほうが多いです。しかし体が柔らかいとメリットがたくさんあります。

しっかりストレッチしたいかたは↓↓

スポンサーリンク

体が柔らかいとどんなメリットがあるの?

怪我をしにくくなる

スポーツ選手がストレッチをするのは、怪我を防ぐためです。ストレッチをして関節を柔らかくしておけば、多少転んだくらいでは大怪我になりません。

疲れにくくなる

体が硬い人は、疲れやすいと言われています。筋肉が凝り固まると体の血流が悪くなり、リンパの流れも悪くなってしまいます。

腰痛や肩こりになりにくい

体が硬いと血流が悪くなり、腰痛や肩こりが起きやすくなります。体が柔らかいと腰痛や肩こりも軽減します。

太りにくくなる

体が柔らかいと、血行が良くなり代謝が上がります。ダイエットには、体を柔らかくするストレッチを取り入れるのがおすすめです。

体を柔らかくするにはストレッチやヨガがおススメです

効率良く体を柔らかくするためには、筋トレよりも柔軟ストレッチやヨガがおすすめです。

毎日ちょっとずつ続けることがとても大切です。継続することで、体は必ず柔らかくなります!

そのうち体が柔らかくなっていくと、体の変化を感じることができてストレッチが楽しくなっていきます。諦めずに続けましょう。

体が温まっているお風呂上りは、ストレッチをしやすい状態になっています。また、お風呂上りにストレッチをする、と決めることでストレッチを習慣付けることができます。寝る前に体がほぐれて血行がよくなることで、睡眠の質も高まりますよ。

体が柔らかくなったり体幹が鍛えられるヨガとは?

老若男女多くの人が気軽にトレーニングできるものとして有名なのが、

「ヨガ」

ですね。

ヨガは、深い呼吸と体全体使ってポーズをとるもののことです。
筋肉を柔らかくして柔軟性を向上させたり、体のゆがみを矯正したり、精神を安定させたりするトレーニングです。
4000年以上前にインドの発祥と言われています。長い歴史の中で多くの流派が生まれ、進化してきました。
ヨガのなかで、多くの人に知られているもので

「ホットヨガ」

があります。

「ヨガ」と「ホットヨガ」のポージングに大きな違いはなく、どちらもリラクゼーション効果があります。

このふたつは、

「質の違うリラクゼーション効果」

が得られます。

ヨガとホットヨガ、ふたつの違いと効果を調べてみました。

「ヨガ」と「ホットヨガ」の違い

「ホットヨガ」は、高温多湿の環境で行うものです。
「ヨガ」は、常温の環境で行うものです。

ということになります。

ヨガの方がホットヨガより気軽にできるトレーニングになります。

 

スーパーSALE限定P5倍以上★★ヨガマット 10mm トレーニングマット フロアマット エアロバイク マット ヨガマット ゴムマット 防音 保護マット エクササイズ キズ防止 183cm×60cm 厚み 洗える ブラック ブルー ピンク パープル オレンジ グリーン

価格:1,139円
(2021/6/6 11:29時点)
感想(478件)

ヨガとは?

ヨガは、室温や湿度を調節することなく自然の環境のなかで行います。これにより高い集中力と精神力が鍛えられます。

「呼吸」「ポーズ」「瞑想」が重要な要素になり、これらがリラクゼーション効果の向上に繋がるわけです。

発汗作用はあまりありませんが、多くのヨガポーズをとることでインナーマッスルが鍛えられて筋力アップも期待できます。

ホットヨガとは?

ホットヨガは、室温38~40℃、湿度55~65%くらいの環境でヨガのポーズをとるものです。体が温まることによって汗をかき、リラクゼーション効果が向上します。
1時間あたり約1L以上の水分を摂りながらおこないます。
水分を摂ることで発汗量が増えます。それにより血行もよくなり老廃物が排出されるのでデトックス効果が向上します。

ホットヨガの効果にはどんなものがあるのか?

  • ダイエット効果
  • 美肌効果
  • 冷え性の改善
  • むくみの解消
  • リラックス効果
  • ダイエット効果
  • 美肌効果
  • 冷え性の改善
  • むくみの解消

などなど、たくさんの効果があります。これはホットヨガのデトックス効果から得られるものです。

ホットヨガはどんな人にオススメか?

女性の方に多い悩みとして、冷え性やむくみがあると思います。

「女性は体を冷やすと良くない」

と昔から言われています。
適度な運動などで体を温めておくことが重要なのでホットヨガはお薦めのトレーニングです。

ホットヨガに必要なものは何?

1時間で1Lの水分を補給するのが理想です。

  • タオル

汗拭き用とシャワー後のタオルと多めに準備しましょう。

  • 着替え

ヨガをするときの衣装は速乾性のあるナイロンやポリエステルなどの素材を選びましょう。

汗を大量にかくのでウェアの色にも気を付けましょう。

  • ヨガマット

汗で滑らないように滑りにくい素材のものを準備しましょう。

ヨガマットは必要か?必要です。選ぶポイントとおススメは?

  • メイク道具

とくに女性の方になりますが、汗でメイクが崩れたりすることが想定されます。帰りの   こ ともありますのでメイク道具を準備しましょう。

ホットヨガまとめ

ホットヨガは、体の内側からキレイになり、リラクゼーション効果を期待するものです。特に女性特有の悩みである、冷え性やむくみなどの解消に期待ができるので女性にお薦めのトレーニングに
なります。

まとめ

体が硬くなるって、普段の生活での運動不足によって体が硬くなっていってしまうんです。

筋肉は使っていないとどんどん硬直して、結果的に体が硬くなってしまうんです。

体の柔軟性を高めるには、筋肉や関節を可動域一杯に使うことです、

そのためには、ストレッチやヨガを毎日コツコツと風呂上りなどに継続してやっていきましょう。

体が柔らかくなるだけではなく、健康にも良い影響が出てきます。

筋トレと睡眠には深い関係があり良質な睡眠は良い筋肉が付きます。仮眠も効果的です。