スポンサーリンク

パワーボムの歴史と派生技の紹介。日本では天龍源一郎が広めたとされています。

スポンサーリンク
プロレス

プロレスで盛り上がる技、

「パワーボム」

使われ始めた頃は、衝撃的で破壊力抜群の技でした。もちろん。今もです。

天龍源一郎が、ジャイアント馬場やアントニオ猪木から3カウントを奪い勝利した技もパワーボムだったと思います。

現在でも試合の終盤に出る大技として使われています。相手を持ち上げる、持ち上げられない、の攻防が観客を興奮させます。

今では派生技としてたくさんのバリエーションが生まれています。

今回はパワーボムを深堀してみましょう!!

パワーボムは、

パワーボムは、このように、相手の背中をマットに叩きつける大技です。

このままエビ固めで固めて3カウントを狙うことができる効率の良い技です。

フォールせずに相手を投げ捨てる、「投げっぱなし式パワーボム」もあります。

スポンサーリンク

パワーボムの歴史

パワーボムの原型はルー・テーズが使用していた技で、

名前は、

「リバース・スラム」、「ハイアングル・バックスラム」

などと言われています。

投げっぱなし式に近かったそうです。

日本で初披露されたのは1968年の国際プロレスでの、ルー・テーズ対豊登戦でパワーボムを受けた豊登は失神してしまったそうです。

その後、ルー・テーズがテリー・ゴディにパワーボムを伝授し、テリー・ゴディによって現在の形のパワーボムになったそうです。ルー・テーズは技を伝授する際に、相手をたたきつけた後にそのままエビ固めでフォールを狙えるように指導したそうです。

日本マット界では、天龍源一郎が広めたとされています。

パワーボムは大きく2つに分類されます。

ひとつは、テリー・ゴディのスタンプ式、もうひとつは、天龍源一郎のホールド式です。

テリー・ゴディは両膝をつきながら叩きつけるのに対して、天龍源一郎は体重を乗せてフォールを奪うために相手を押さえつけることを重視しています。ここが大きな違いですね。

パワーボムの派生技と使い手

滞空式パワーボム(侍パワーボム)

越中詩郎 相手を真上まで持ち上げることで見た目も派手になります。もちろん破壊力も抜群です。

垂直落下式パワーボム

川田利明 今の言葉でいえば「エグイ」角度で頭から落とします。ドライバーに近いですね。

餅つき式(連続式)パワーボム

高岩竜一、クリス・ジェリコ 腕のフックを外さずに力で何度も持ち上げます。

サンダーファイヤー・パワーボム

大仁田厚 カナディアン・バックブリーカーの形で相手を肩に乗せてから勢いよく落とします。

サムライ・ボム

エル・サムライ ジャンピング式で相手を叩きつけます。両膝を着きながら落とすので威力が増します。

ランニング・スリー

長与千種 その名のごとく走りながら放つ技です。

ナイアガラ・ドライバー

井上京子 相手を十字架のように背中に背負ってから落とします。

ベイダー・パワーボム

ビッグバン・ベイダー これはもう力で叩きつけるボムです。

超高角度パワーボム(ラストライド)

諏訪魔、タイチ 真上まで持ち上げた相手を更に高く(2段階式)挙げた状態で放つ。

パワージャック

小橋建太 相手をパワーボムで叩きつけた後にジャックナイフ式ホールドで抑え込む。

雪崩式パワーボム(カミカゼ・アッサムボム)

ワイルド・ペガサス、ザ・グラジエーター(マイク・アッサムと言うリングネームで戦っていた)

ダブルアーム・パワーボム

工藤めぐみ 

バッドラック・フォール

バッドラック・ファレ ナイアガラ・ドライバーの形ですが、長身のファレが放つことによって破壊力抜群のボムになります。上から落とすというイメージです。

ポップアップ・パワーボム

ケビン・オーエンズ 相手を一度自分の真上にポップアップしてからパワーボムの体勢に入る技です。

トーチャー・ラック・ボム

林下詩美

ライガーボム

獣神サンダーライガー 相手を落とした時に自分の両足で相手の両腕を押さえつける。

助走をつけて放つと、サンダー・ライガーボムになります。

タイガードライバー

三沢光晴 リバース・フルネルソンの状態から相手を落とすシットダウン式。

ガントレッチ・パワーボム(ドクターボム)

スティーブ・ウィリアムス サイドスープレックスの持ち上げ方から、相手を正面に持っていきボムにつなげる。

スーパー・パワーボム

引用:新日本プロレス公式サイト

上の写真の通りです。

 

この他にもたくさんのパワーボムの派生技があります。

ドロップキックの威力と種類いろいろと使い手いろいろ