スポンサーリンク

筋トレで聞く「チーティング」とは「反動で爆発的に筋肉に負荷を与える」ことです。

スポンサーリンク
筋トレ

筋トレを調べると良く出てくる言葉に、

「チーティング」

があります。

いったい何の意味でどんなことをすることなんでしょうか?

調べてみました。

スポンサーリンク

チーティング法とは?

チートとは、「反則」「ごまかし」と訳されます。

シンプルに訳すと「ズル」という意味です。

筋トレでは、反動を使って重いものを持ち上げてトレーニングすることを指します。

もう少し詳しく説明すると、

「全身に反動をつけて、他の筋肉の力を借りて負荷を持ち上げる」

でしょうか。

チーティング法は「ズルい方法」となります。

具体的な動きを説明すると、スクワットをしているとき、腕の振りで体を上下させたりする動きがチーティングになります。

これを聞いただけではNGな筋トレ方法だと思ってしまいますが、チーティングはメジャーな筋トレ方法なんです。

なぜなら、

「反動で爆発的に筋肉に負荷を与えるトレーニング法」

だからです。

なぜチーティング法を使うのか?

筋トレは基本、反動を使わないで目標とした筋肉に刺激を与える動きをします。

筋肉の肥大停滞期などにあえて反動をつけて高い重量を挙げて筋肉に刺激を与えて停滞期を突破するために使うのがチーティング法です。

ちなみに、チーティングの反対にあるのは「リストリクト」と言い、「厳密に行う」と言う意味になります。

チーティングのメリット

チーティングをすることによって、いつもの筋トレの重量よりも重い重量を持ち上げ、いつもの回数よりも多い回数をこなすことができるので、通常よりも高い負荷がかかり、筋肉の増大が期待できる。

チーティングのデメリット

いつもより高い負荷をかけるので、ケガのリスクが大きくなってしまいます。

筋肉への効果的な刺激が得られず、「いつもよりも重い重量を持ち上げた」という自己満足だけで効果がないということになってしまうことがあります。

まとめ

チーティング法を実践するのは、正しいフォームを理解することができないと効果が発揮できません。理由は、狙いたい筋肉ではない筋肉を使ってしまうためです。

チーティングは筋トレ中・上級者向けのテクニックのようです。


【新商品】 シックスパッド パワースーツライト アブズ SIXPAD Powersuit Lite Abs PSL EMS スーツ 筋トレ 腹筋 ながら 部位トレ ハイブリッド 布製電極 Eledyne エレダイン ジェルシート不要


筋トレしているのに体重が増えるのはなぜか?