スポンサーリンク

逆輸入レスラー『DOUKI』のメキシコマットから新日本プロレスマットに参戦するまでのこと

スポンサーリンク
プロレス

メキシコでデビューしたルチャドール「DOUKI」選手。

出典:新日本プロレス公式サイト

逆輸入レスラーです。

170cm85Kgと小柄で新日本プロレスの入門テストも受けられなかった青年が

2019年新日本プロレスに初参戦を果たしました。

エル・デスペラード選手の負傷に伴い、タイチ選手の推薦を受けて「BEST OF THE SUPER Jr.26」にエントリーされたのです。

結果は1勝8敗でしたが、柔らかい体を生かした攻撃とヒールレスラーとしての自己プロデュース力でファンの目を引きました。そのあと鈴木軍のメンバーとして新日本プロレスに継続参戦しています。そして今年は自力で「BEST OF THE SUPER Jr.27」の出場権を勝ち取りました。

新日本プロレスのジュニアNo1決定戦「BEST OF THE SUPER Jr.27」出場選手発表!

DOUKI「ハポネス・デル・マル」=「日本の悪」

苦難の連続でハングリーな下積みを経験し、新日本マットに参戦を果たしたDOUKIを調べてみましょう!

るるぶ新日本プロレス 公式ガイドブック (JTBのムック)

新品価格
¥1,500から
(2021/3/14 18:41時点)

 

スポンサーリンク

DOUKIの経歴

神奈川県横浜市出身でミラノ・コレクションATさんを慕い2010年18歳でメキシコに渡り、同年にルチャドールとしてデビューしました。2012年から『DOUKI』として活躍しています。

トレーナーは、ホルヘ・リベラとウルティモ・ドラゴンだそうです。

自分のスタートはタイチから始まったと言っています。メキシコでタイチ選手と出会い、練習の仕方を教えてもらったそうです。YOSHI-HASHI選手にもメキシコでお世話になったと語っています。人生とは何かを教えてもらったと話しています。

メキシコマットでキャリアを積み、ぺロス・デル・マル、IWRG、DTU、XMW等のメキシコマットで活躍する他に、アメリカのテキサス、グアテマラ、エルサルバドルなどで試合をしていたそうです。ぺロスの日本人部隊ハポネス・デル・マルの一員として戦っていました。

個性的なマスク

DOUKI選手と言えば個性的な鼻から下を隠すマスクですね。このマスクは、以前3人くらいいたそうです。でも、このマスクのまま試合をするのは自分が元祖だと本人が新日本プロレスのインタビューで話しています。

新日本プロレス初参戦時はマスクの特性上ズレやすかったようで戦いにも多少影響していたようにも見えましたが、今年はマスクを改良したようでズレなくなったように見えます。

得意技

身体の柔らかさを生かした技が多いです。

  • 摩利支天
  • スープレックス・デ・ラ・ルナ(スペイン語で月のスープレックス) 2段階にクラッチを変えるスープレックス。うつぶせの相手の両足首変を持ち上げてフルネルソンの体勢にし、一時停止してそのまま後方へブリッジする。変形のドラゴンスープレックスです。
  • デイブレイク エプロンからロープを飛び越えての変形DDT。トップロープエプロンから相手に飛びつきDDTの体勢で相手をマットに叩きつける。スペイン語で「夜明け」。
  • DOUKIボム 場外へのダイビングセントーン。高橋ヒロムのダイビングセントーンはDOUKIのDOUKIボムを参考にした技だそうです。
  • 土遁の術 変形ゴリー・ボムからの開脚しての逆さ抑え込み。ゴリースペシャルの体勢でそのまま̪シットダウンして第一段の衝撃を与えそのまま前方に倒れてフォールを狙う。
  • イタリアン・ストレッチNo.32 元々はミラノ・コレクションATの得意技であるがDOUKIはこのNo.32を好んで使っています。相手の両腕を掴み自分の両足を相手の首の前で交差させ挟み込む、相手の両腕も自分の足の間に挟み込む変形のダブル・アーム・バー。
  • ラリアット
  • スワンダイブ式フットスタンプ
  • 鉄パイプ攻撃
  • 地獄突き

まだまだ日本で披露していない技があると思います。

新日本プロレスマットでの戦い

鈴木軍の一員として鉄パイプを振り回したりするヒールですが、個性的なファイトでファンが増えています。

メキシコ時代から知っている高橋ヒロム選手への嫉妬心がDOUKI選手を個性的なレスラーにしたと思います。

高橋ヒロム選手がメキシコ遠征時代、DOUKI選手とは共にタッグを組むことはあったそうですが、直接戦ったことは一度もなかったそうです。2020年「BEST OF THE SUPER Jr.27」でヒロム選手と戦いました。DOUKI選手はなみなみならぬ思いというのを通り越した勝利への執念を見せました。今まで披露してこなかった、変形の土遁の術をさく裂させましたが、最後はヒロム選手がDOUKI選手をTIME BOMBで撃破しました。

夢を追う青年がメジャー団体のリングへ上がる夢を叶える

タイチ選手や棚橋選手ら新日本プロレスのメキシコ遠征組と練習を共にしていたそうで、いつか新日本プロレスに出れたらいいなと語り合っていたそうです。

体ひとつでメジャー団体に登りつめた

プロレス経験のない青年が、もしかしたら叶わないかもしれない夢を追いメキシコへ旅立ちました。そこでたくさんの人と出会い、人との繋がりでメジャー団体に参戦するまでに上り詰めたDOUKI選手は最近とても人気があります。

それはなぜでしょう。

ジュニアヘビー級の身体ですが、ヘビー級に自分の得意技を仕掛けまくり、もしかしたら勝っちゃう?と言う期待を持たせてくれるファイトがファンを引き付ける理由だと思います。

もっともっと新日本プロレスマットで暴れてほしいです!!


「WORLD TAG LEAGUE2020」がJrNO1決定戦「BEST OF THE SUPER Jr.27」と同時開催!!出場チーム・選手!