スポンサーリンク

「癒し効果」があると言われているアルパカの特徴と生態を紹介します。

スポンサーリンク
未分類

こんにちは!kamikamiです。

みなさん、アルパカを見たことがありますか?

毛がモフモフでおとなしい動物です。

人気がある動物ですよね。

おとなしく人なつっこい性格です。子供からお年寄りまで可愛がれるということで、

『癒し効果』

で元気になれると言われているそうです。日本で人気になったのは2008年ごろからです。

 

スポンサーリンク

アルパカとは

別名:パコ
英語名:Alpaca
学術名:Vicugna pacos
ラクダ科です。
標準の大きさ:体長150~175cm前後。
体高:80~90cm前後。
標準体重:50kg前後。
寿命は15~20年と言われています。

アルパカの生息地は?

生息地は南米アンデス山脈の湿潤高原地帯で海抜ですと3,000~5,000mの地帯です。
地理的にはペルー、ボリビア、チリ、南アフリカのあたりになります。
おもに毛を利用する目的で放牧されています。

アルパカの先祖は?

アルパカははるか昔の「古代インカ帝国」時代から家畜として飼われていました。そのため昔より人間と付き合っており、人懐っこい一面があります。
現在では、アメリカやヨーロッパ、オーストラリア、ニュージーランドでも飼育されています。
日本では1999年に初めて飼育されました。

アルパカの性格と好物は?

草食動物で臆病でシャイです。臆病なのですが好奇心旺盛なところがあります。そこも魅力のひとつですね。
好物は草、苔です。

アルパカの体の特徴 

  • もふもふの毛
  • まつげが長い
  • 目がぱっちり
  • 長い首
  • ハート形の蹄
  • X脚
  • 立った耳
目の高さが人間と同じくらいなので親しみやすいです。

毛の色は25種

天然の毛色は、白系3種、ベージュ系5種、茶系5種、黒系2種、グレー系10種の25種と言われています。

アルパカの毛刈りの時期

アルパカは毎年夏前に毛を刈ります。
理由は、放っておくと毛が伸び続け、2年くらいで地面に付くぐらいに伸びてしまうそうです。毛を刈らずに夏を迎えると体中に熱がこもってしまい、熱中症になってしまうことがあるそうです。なので夏本番の前には毛を刈ります。

刈り取られた毛は高級素材

刈り取られた毛は衣類になります。
とても上質な衣類になります。
アルパカの毛を使った素材はそのまま「アルパカ」と呼ばれ、柔らかくてなめらかで、保温性、保湿性に優れています。
そして丈夫です。
生後3カ月以内の子供のアルパカの毛は「ベビー・アルパカ」と言われ、上質な高級素材とされています。

アルパカが唾を吐くのは威嚇のため

アルパカが唾を吐くのは、何か嫌なことをされて怒ったり、身の危険を感じた時に吐きます。
飼育されているアルパカは、よほどのことがないかぎり唾を吐きません。

 

アルパカを見れる動物園は少ないかも知れませんが、見つけた時は気にしてみてみてくださいね。

「キジ」の生態は面白いです。この世の中には珍しい「一夫多妻」の生き物です。